サウジアラムコのガワール油田、生産能力が急減?

Pocket

サウジアラムコのガワール油田、生産能力が急減?

 

サウジアラムコのガワール油田、日量生産量は380万バレル

世界最大の油田とされているサウジアラムコのガワール油田。

この油田の生産量は長らく秘密のベールに閉ざされていましたが、それが明るみになりました。

これは、サウジアラムコが起債することになり、債券目論見書を発行せざるをえなくなったために、明らかにされたものです。

それによると、ガワール油田の日量生産量は380万バレルだということ。

これは、大方のみかたである500万バレルよりも、少なくとも2割以上低い数字です。

Saudi Aramco Reveals Sharp Output Drop at Super-Giant Oil Field

 

 

2004年にサウジアラムコはガワール油田の生産量を日量500万バレル以上と説明

ブルームバーグが伝えているところによると、サウジアラムコはガワール油田について2004年に

「日量500万バレル以上である」

と説明していたとのことです。

また米エネルギー情報局は2017年に推定で日量580万バレルの生産量と予想しており、この数字からすると380万バレルというのはあまりにも低い生産量となります。

 

 

 

ガワール油田に対し、サウジアラムコは水攻法を80年代から採用

なお、ガワール油田、とくに北油田に対してはサウジアラムコは水攻法(海水を貯油層近くに注入して押し上げる方法)をとっています。

こうしたことを80年代から行っており、そろそろその限界がきている可能性があります。

ガワール北油田は最大規模の油田ですが、これが枯渇したとなると非常に痛い状況になります。

 

サウジアラビア政府が、ここもと急いで外資を導入しようとしたり、サウジアラムコを上場させようとしている意味は、そういう所にあるのかもしれません。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

以上。