資源大手BHP billiton決算

Pocket

資源大手BHP billiton の2017年上期決算が発表されました。

 

 

・収益は前年比16%増の217.79億 USD

・基礎利益は40億USD (予測43億USD)

・税引き後利益は37%減の20.15億USD (米国特別損害賠償額18億USD含む)

・配当は一株当たり0.55 USD (前年は0.40 USD )

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

・当期中に純負債を23%削減し154億ドルにする予定

・フリーキャッシュフローは49億ドル

・銅販売はチリのエスコンディーダ鉱山の価格上昇と生産増で52%増加

 

 

 

 

鉄鉱石石炭エネルギー
EBITDA全体に占める割合38%16%18%28%
EBITDA43億ドル18億ドル20億ドル32億ドル
EBITDAmargin60%44%57%56%
ROCE ※127%25%11%(conventional)

4%(Onshore US)

15%

 

※1 ROCE=使用資本利益率 投下資本に対しどれだけリターンがあったのかを知るための指標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは次に、会社資料をもとに個別要素を見てみましょう。

まずはEBITDAを滝グラフでみてみます。

ほぼほぼ資源価格上昇に頼り切ったEBITDAの伸びです。ネガティブです。

 

 

 

 

 

 

 

生産性は落ちています。一時的要因であるにせよ、あまり気分のいいものではありません。ネガティブです。

 

 

 

 

 

 

 

フリーキャッシュフロー、営業キャッシュフローともにほぼ伸びていません。ネガティブ

 

 

 

 

 

 

 

純有利子負債もネットギアリングレシオ(純有利子負債比率)も順調に減少。

純有利子負債=有利子負債-現預金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設備投資は控えめにして株主還元を重視。ポジショブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ROCEを開発鉱山ごとに見たグラフ

 

2010年ごろにスッ高値で買収してしまったオンショアシェール資源が焦げ付いてます。これは売却予定のもよう。

WAIO(Western Australia Iron Ore 豪州鉄鉱石)が稼ぎ頭なことがよくわかります。

ちなみにチリのエスコンディーダ銅山は労使交渉が長引いて生産を落としているようです。

 

 

 

 

同業他社に比べて高いマージンを得ていると会社側は言っています。

 

 

 

総括

 

単に資源価格上昇に支えられただけの決算にみえます。生産性の向上などもなし、販売量の顕著な伸びもありません。設備投資に関しては、各社それほど大きく増やす予定はないようですので、大きな景気後退でもないかぎり、しばらくは需給が緩むことはないと思います。今後の期待としては、エスコンディーダの労使交渉がうまく行くことと、豪州などにおける一段の生産性向上です。

 

ちなみにこの決算を受けて、ASX市場でBHP Billiton株は4.76%下落しました。

 

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

by中卒くん