【雑感】ブログを書くということ

Pocket

【雑感】ブログを書くということ

 

妻に勧められて書き始めたブログ

かれこれ1年以上続いています。

自分にとって、これはかなり驚異的なことです。

自分は、日記などはすぐに続かなくなる人なので、これだけ長く継続できたというのは、自分でも驚きです。

なぜこれだけ長く続けられたのか・・・

 

考えられる理由としては

  1. まだまだブログだけで生活できる段階ではないこと(ミッションをクリアできていないこと)
  2. 結婚を機に、話を聞いてくれる人がいなくなったこと
  3. 書きたいネタが書ききれないもどかしさ

・・・かなと思っています。

 

 

1は、このブログを始めた頃にも書いたことだと思うのですが、

「ブログだけで生活できるものなのかどうか、自分の実力を試してみたい」

という思いがありました。

 

自分は子供の頃から

「誰かにできることは自分にもできるはず」

という思い上がり体質で生きてきています。

世の中にブロガーって人達がいるなら、自分にもできるんじゃないかな?みたいな感じです。

 

とりま、そんな感じで山師稼業も始めましたし、その前の仕事も、その前の前の仕事も、何もかもそんな感じでやってきました。

で、ある程度の達成感を得ると飽きてしまうという繰り返しなわけですが、まぁ、とりま女遊びと似てますねw

今のところ、これ一本で生活できるほどには稼いでいませんので、そんな感じでまだまだ続けられそうな感じがしています。

 

 

2は、これは深刻で、結婚をする前はお袋にいろいろ語ったりしていました。

お袋は、非常に頭のいい女性です。

自分と違って学歴も良いです。

とりあえず自分よりもIQは20以上高いようです。

(自分では、そんなはずはないと思っているんですがw 数字は残酷です。子供の頃はよく母にバカにされました。)

家事は何でもパーフェクトですし、ちょっとした料理や工作をしてもプロ級です。

どんな話題にもついてきてくれます。

自分は、なるべくリアルではチャラチャラと遊んで、ちょっぴりややこしい話題は母とするようにしていました。

そういう話を女の子としてもつまらないですし、嫌がられるのはわかってます。

それに何より、誰かに目を付けられるのが怖かったからです。

母もそういう人で、ずっと母と自分は、色々な話題をひそひそと話してきました。

 

しかし結婚して、嫁さんと子供と一緒にいると、さすがに自分の思っていることを話す相手もいない・・・

自分の話す話題に、嫁さんはあまり興味がありません。

嫁さんは今どきの女の子です。

嫁さんに言われたのが「私わかんないから、ブログでも書いたら?」です。

まぁ、そんな感じでブログを書き始めました。

 

 

3つめの理由は、ブログに書きたいネタはいっぱいあるのに、書ききれていないことです

これはかなりもどかしい。

自分でもわかりませんが、たぶん自分には書けるネタは無限にあるような気がします。

そのなかで、書きたいネタは軽く1万はあります。

そして、毎日書きたいネタが数十という単位で積みあがっていきます。

そのなかで、書けるものは数個程度が限度です。

書きたいけれど書ききれない。

もちろん、家族との時間もいっぱい作りたい。

年齢的にも体力が落ちてきており、そこらへんで悶々として書いています。

 

いやはや、書き始める前はこんなことになるとは思わなかったんですが、意外と書き始めると心境も変わるもんですね。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、そんなこんなでまだまだブログは続きそうです。

今後ともよろしくお願いいたします。