【統計】2019年3月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

Pocket

【統計】2019年3月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

 

このデータは直近12カ月の出荷を対前年比で比較し百分率でヒートマップ化したものです。

使用しているデータは経済産業省の鉱工業生産速報値品目別季節調整済み指数です。(今月から季節調整済みに変更しました。)

なお、前回の鉱工業生産指数はこちら↓

【統計】2019年2月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

鉱工業指数、2015年=100
季節調整済指数原指数
指数前月比指数前年同月比
生産
(前月値)
101.9
(102.8)
-0.9
(0.7)
110.6
(99.9)
-4.6
(-1.1)
出荷
(前月値)
101.6
(102.2)
-0.6
(1.6)
112.8
(99.6)
-3.3
(-0.3)
在庫
(前月値)
104.0
(102.4)
1.6
(0.4)
99.1
(103.6)
0.4
(1.4)
在庫率
(前月値)
107.3
(105.5)
1.7
(0.5)
94.7
(109.9)
3.5
(1.9)

 

相変わらず在庫循環は緩慢に動いている印象

生産に関しては電子デバイスが上向きだが、CCDなど一部が牽引したのみであり、全体的には回復が鈍い。

自動車、製造装置、金属製品等全般に工業は弱い。

年後半からの回復は見通せるが、その前にもう一段の低下があってもおかしくない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

以上。