2018年7月19日 米国市況概況

Pocket

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

昨晩のNY市場はダウ、ナスダック、S&P500が小安く推移した一方で、小型株指数ラッセル2000が上昇。

トランプ大統領の利上げ牽制発言を受け金利が低下した一方、ドルは下落。サウジが減産調整するとの観測から原油価格は取引終盤にかけてやや上昇。

こうした流れを受けて金融株がまず売られ、JPモルガンJPM、バンカメBAC、シティC、PNC、サントラストSTIが1%半ばの下げ。

逆に金利低下を好感して不動産、REIT、公益関連は小じっかり。

コストアップによる業績下押しがみえたバンクオブニューヨークメロンの決算を受け、アセマネ系銘柄が売られ、バンクオブニューヨークメロンは5.23%安。ブラックロックBLKが1.17%安、ステートストリートSTT、アメリプライズAMP、ノーザントラストNTRSなどが2%を超える下げとなった。

また保険大手トラベラーズTRVの決算はネガティブで3.71%の下げ。同業のAIGやオールステートALLなども2%を超える下落となった。

長短金利差縮小から生保も弱く、メットライフMET、プルデンシャルPRU、プリンシパルフィナンシャルPFG、リンカーンナショナルLNC、トーチマークTMKなど安い。

買収合戦に決着がついたことで新たな追加資金負担のなくなったディズニーDISとコムキャストCMCSAが上昇。フォックスFOXAは変わらず。

ネットフリックスNFLX、チャーターコミュニケーションズCHTRが3%近い下落。

電力事業大手スキャナSCGとドミニオンエナジーの合併がFERCによって承認され両社揃って3%前後の上昇。

インドネシア政府による鉱山権益国有化を嫌気した売りが継続してフリーポートマクモランFCXは7.49%安

小売の一角が強く、メーシーズMが3.34%上昇、コールズKSSが2.90%上昇。自動車部品も強くオーレリーORLY、オートゾーンAZOが3%を超える上昇。

EU当局によるアメリカの情報系企業への締め付けが厳しくなっていることから、アルファベットGOOGL、フェイスブックFB、マイクロソフトMSFT、アマゾンAMZNなど情報系が弱い。

 

 

 

 

決算関連銘柄では、ポイント制度によるコスト上昇が見えたアメリカンエクスプレスAXPが2.73%安。

ダナハーは4.47%高

クラウド事業の伸びが確認されたIBMが3.27%高。

チケット販売事業の悪化からイーベイEBAYが売られ10.12%安。

フィリップモリスPMは決算を嫌気して大きく下げて始まったが、その後は安値を拾う動きも出て1.52%安。

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

全体的に、やや出来高が戻ってきた感。