2018年9月25日 米国市況概況

Pocket

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

昨晩火曜日のNY市場はダウ、S&P500が下落する一方、ナスダックとラッセル2000が上昇するまちまちの動きとなった。

ここもとの原油市場の高止まりを受けエネルギー株に買いが入る一方、公益株など物価上昇圧力に弱い銘柄群が売られる展開となった。

セクターべつにみるとこの日の下げの中心は半導体株。

アナリストが相次いで格下げしたこともあり

アナログデバイセスADI、ザイリンクスXLNX、スカイワークスSWKS、インテルINTC、テキサスインスツルメンツTXN、ブロードコムAVGO、マイクロチップMCHP、コルボQRVOなど総じて下落。

半導体製造装置のアプライドマテリアルズAMAT、KLAテンコールKLAC、ラムリサーチLRCXなども下落した。

いっぽうでここ数日の流れ同様、アマゾンAMZNとアップルAAPLは買われて続伸。

アルファベットGOOGLも上昇した。

合算出来高は66億株、まだまだエネルギーは豊富である。

 

 

 

なお、個人的に気になっているのは、じみにスルーされているゼネラルエレクトリックGE。

 

まぢやばくね?w

 

なんで誰も何もいわないのw

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

こわいわw