IVVは経費率最安水準のS&P500指数連動ETF

Pocket

【IVV】iシェアーズ・コアS&P500は経費率が業界最安水準の指数連動型ETF

 

 

今回はS&P500指数連動型の上場型インデックス投信であるIVV、i shares core S&P 500 ETFについて紹介します。

 

指数連動型ETFにはいろいろな種類がありますが、IVVは米国の代表的な株価指標であるS&P500指数に連動するように組成されている上場型インデックス投信となっています。

IVVは正式名を「i shares core S&P 500 ETF」といい、世界最大の資産運用会社であるブラックロック(Blackrock)が運用している指数連動型商品となります。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

IVVは経費率が業界で最低水準となる0.04%となっており、100万円の投資をしても400円の経費しかかからない指数連動型インデックスファンドとなっています。

経費率が低い投資信託ですから、それだけ長期間持っていても不利にならないということです。

経費率が低いことは、投資信託を選ぶ際には非常に重要です。

 

 

 

なお、指数連動型インデックス投信には、上場型と店頭販売型のファンドがありますが、IVVは上場型の指数連動型インデックスファンドとなります。

IVVは上場型の投資信託ETFですから、売買手数料が非常に安くてすみます。

大手証券会社や銀行の窓販で売られる投資信託は手数料だけで数パーセント持っていかれるものも多いですが、上場型投資信託ETFであれば、ネット証券などから注文することで非常に安い手数料で売買することが可能です。

こういった手軽さ、コストの安さが、IVVなど上場型投資信託ETFが非常に人気となっている理由のひとつです。

 

 

 

IVVは米国の代表的株価指標であるS&P500種指数に連動しますから、ETFの組み入れ銘柄もS&P500に基本的には則した銘柄が並びます。

 

以下がIVVの組み入れ上位銘柄のリストです。

(2018年10月5日時点)

AAPLAPPLE INC4.277,066,514,939.54情報技術
MSFTMICROSOFT CORP3.535,842,381,125.29情報技術
AMZNAMAZON COM INC3.195,284,451,599.98一般消費財・サービス
BRKBBERKSHIRE HATHAWAY INC CLASS B1.742,883,474,694.35金融
JPMJPMORGAN CHASE & CO1.582,616,949,565.87金融
FBFACEBOOK CLASS A INC1.562,587,804,858.35通信
JNJJOHNSON & JOHNSON1.522,525,250,673.35ヘルスケア
XOMEXXON MOBIL CORP1.482,447,457,490.50エネルギー
GOOGALPHABET INC CLASS C1.472,429,565,348.11通信
GOOGLALPHABET INC CLASS A1.442,376,622,037.00通信
BACBANK OF AMERICA CORP1.151,908,967,046.23金融
PFEPFIZER INC1.071,769,497,731.30ヘルスケア
VVISA INC CLASS A1.061,760,879,020.08情報技術
UNHUNITEDHEALTH GROUP INC1.051,743,909,348.48ヘルスケア
TAT&T INC1.011,673,131,623.96通信
CVXCHEVRON CORP0.981,616,641,084.80エネルギー
WFCWELLS FARGO0.951,566,098,681.02金融
HDHOME DEPOT INC0.931,536,239,934.70一般消費財・サービス
VZVERIZON COMMUNICATIONS INC0.931,534,948,180.08通信
INTCINTEL CORPORATION0.91,498,340,131.78情報技術
CSCOCISCO SYSTEMS INC0.91,493,247,732.40情報技術
BABOEING0.851,406,683,010.28資本財・サービス
PGPROCTER & GAMBLE0.831,376,677,724.16生活必需品
MAMASTERCARD INC CLASS A0.81,330,167,672.40情報技術
MRKMERCK & CO INC0.771,278,621,704.94ヘルスケア
CCITIGROUP INC0.741,233,651,857.40金融
KOCOCA-COLA0.721,184,589,173.95生活必需品
DISWALT DISNEY0.71,167,428,412.36通信
NVDANVIDIA CORP0.691,147,793,923.65情報技術
CMCSACOMCAST CORP CLASS A0.661,088,235,681.26通信
NFLXNETFLIX INC0.651,070,367,046.35通信
PEPPEPSICO INC0.621,019,182,324.93生活必需品
DWDPDOWDUPONT INC0.6998,321,595.38素材
ABBVABBVIE INC0.58960,496,317.12ヘルスケア
ORCLORACLE CORP0.57945,177,876.54情報技術
IBMINTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CO0.56933,537,155.69情報技術
WMTWALMART INC0.55913,854,805.69生活必需品
AMGNAMGEN INC0.54890,205,259.46ヘルスケア
MDTMEDTRONIC PLC0.53885,290,561.22ヘルスケア
PMPHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC0.53880,732,782.60生活必需品
ADBEADOBE SYSTEM INC0.53872,817,600.73情報技術
MCDMCDONALDS CORP0.53869,441,604.40一般消費財・サービス
ABTABBOTT LABORATORIES0.51851,644,289.16ヘルスケア
MMM3M0.51847,899,763.92資本財・サービス
HONHONEYWELL INTERNATIONAL INC0.5825,888,717.29資本財・サービス
UNPUNION PACIFIC CORP0.5821,951,860.04資本財・サービス
CRMSALESFORCE.COM INC0.48792,277,563.20情報技術
MOALTRIA GROUP INC0.48787,234,862.56生活必需品
ACNACCENTURE PLC CLASS A0.45744,327,034.88情報技術
GEGENERAL ELECTRIC0.45743,723,840.94資本財・サービス
LLYELI LILLY0.44730,019,350.80ヘルスケア
AVGOBROADCOM INC0.44724,133,505.81情報技術
UTXUNITED TECHNOLOGIES CORP0.43713,693,342.72資本財・サービス
TXNTEXAS INSTRUMENT INC0.42695,717,611.71情報技術
NKENIKE INC CLASS B0.42693,978,185.54一般消費財・サービス
QCOMQUALCOMM INC0.42688,076,923.38情報技術
BMYBRISTOL MYERS SQUIBB0.42687,855,494.56ヘルスケア
COSTCOSTCO WHOLESALE CORP0.41686,759,988.48生活必需品
PYPLPAYPAL HOLDINGS INC0.41674,789,074.46情報技術
GILDGILEAD SCIENCES INC0.41670,847,506.56ヘルスケア
TMOTHERMO FISHER SCIENTIFIC INC0.4662,638,800.38ヘルスケア
CATCATERPILLAR INC0.38629,706,288.75資本財・サービス
BKNGBOOKING HOLDINGS INC0.37620,341,057.00一般消費財・サービス
COPCONOCOPHILLIPS0.37614,891,904.96エネルギー
LOWLOWES COMPANIES INC0.37607,279,564.56一般消費財・サービス
SLBSCHLUMBERGER NV0.36588,009,390.30エネルギー
LMTLOCKHEED MARTIN CORP0.35585,222,839.54資本財・サービス
USBUS BANCORP0.34555,618,168.16金融
UPSUNITED PARCEL SERVICE INC CLASS B0.33549,817,658.18資本財・サービス
CVSCVS HEALTH CORP0.33545,831,257.85ヘルスケア
GSGOLDMAN SACHS GROUP INC0.33539,899,894.60金融
NEENEXTERA ENERGY INC0.33539,528,549.25公益事業
AXPAMERICAN EXPRESS0.31514,190,981.58金融
EOGEOG RESOURCES INC0.31509,855,138.28エネルギー
SBUXSTARBUCKS CORP0.31509,662,922.04一般消費財・サービス
ANTMANTHEM INC0.29482,818,092.34ヘルスケア
TJXTJX INC0.28467,430,712.68一般消費財・サービス
BIIBBIOGEN INC INC0.28467,177,311.60ヘルスケア
BDXBECTON DICKINSON0.28458,246,851.68ヘルスケア
AETAETNA INC0.27451,707,300.00ヘルスケア
DHRDANAHER CORP0.27445,361,392.00ヘルスケア
ADPAUTOMATIC DATA PROCESSING INC0.27444,826,807.18情報技術
PNCPNC FINANCIAL SERVICES GROUP INC0.26436,764,030.33金融
AMTAMERICAN TOWER REIT CORP0.26430,391,334.56不動産
ISRGINTUITIVE SURGICAL INC0.26426,305,034.92ヘルスケア
OXYOCCIDENTAL PETROLEUM CORP0.26424,789,077.44エネルギー
MSMORGAN STANLEY0.26423,687,627.80金融
CBCHUBB LTD0.25420,782,851.65金融
CELGCELGENE CORP0.25420,561,252.60ヘルスケア
SCHWCHARLES SCHWAB CORP0.25420,043,567.04金融
MDLZMONDELEZ INTERNATIONAL INC CLASS A0.25419,655,571.65生活必需品
WBAWALGREEN BOOTS ALLIANCE INC0.25418,173,752.34生活必需品
CMECME GROUP INC CLASS A0.25415,550,265.90金融
ATVIACTIVISION BLIZZARD INC0.25414,127,304.36通信
AGNALLERGAN0.25413,797,316.62ヘルスケア
CSXCSX CORP0.25411,782,723.67資本財・サービス
RTNRAYTHEON0.24401,469,689.16資本財・サービス
BLKBLACKROCK INC0.24393,561,569.40金融
FDXFEDEX CORP0.24393,124,795.44資本財・サービス
INTUINTUIT INC0.24392,704,063.05情報技術

 

IVVの組み入れ銘柄最上位はApple、二番目がMicrosoft、三番目がAmazonですから、上位みっつともIT株ということになります。

IVVが参照しているS&P500指数の組み入れ上位銘柄の推移は、時代をうつす鏡です。

一昔前は、S&P500指数の組み入れ上位を石油株や金融株が占めていました。

しかしその後、原油価格の下落でエネルギー株は下がり、サブプライムローン問題の破綻などを契機に金融株は下落します。

今では50位になっているゼネラルエレクトリックGEも、昔は上位銘柄だったんです。

ゴールドマンサックスGSなんて今は71位ですが、昔は若い学生が就職を希望しまくるようなギラギラした金融機関だったんです。(けっしてキラキラではありませんw)

とりあえず、そういった栄枯盛衰の歴史をまったく無視して、米国企業全体の発展に賭けられるところが、S&P500種指数連動型ETFであるIVVのいいところ・・・なのだと思います。

 

 

 

 

IVVの組み入れ銘柄をセクターべつにみると以下のようになります。

(2018年10月5日現在、四捨五入)

S&P500種株価指数に連動するように作られたIVVは、やはりS&P500と同様のセクター比重となっています。

IVVの組み入れ銘柄は、時代を映して情報技術、ヘルスケアなどが上位にきています。(つい数年前までは金融が二位にありました。)

 

 

IVVのファンド詳細

 

名称iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
ティッカーIVV
ベンチマークS&P500指数
指数構成銘柄数505銘柄
設定日 2000/5/15
取引所NYSE アーカ
発行済口数567,950,000
20日間平均出来高576,853
分配金利回り1.76%
株価純資産倍率(PBR)3.46
株価収益率(PER)24.9
経費率0.04%

なお、IVVの売買回転率は4.0%となっているようですが、これはS&P500の定期銘柄入れ替えにあわせるためのもので、積極的な売買が行われているわけではありません。

IVVのエクイティ・ベータ値は当然1.00。しっかりベンチマークについていくことがIVVの特徴です。

 

 

 

 

IVVは非常に低い経費率であることと、米国株の代表的な株価指数であるS&P500に連動する公平性、明快さのため世界中で人気です。

IVVの一日の売買代金は非常に多く(流動性が高い)、個別銘柄投資のような「ストップ安で売りたくても売れない」みたいなリスクはほとんどありえません。

そのためIVVなどのような指数連動型ETF投資は外国株初心者の人にも人気となっており、ボーナスのたびにS&P500指数連動型のETFを闇雲に買い増していくような投資法をとる人もいます。

また、ドルコスト平均法を利用した投資法や、「下がったら多く買い、上がったら少しだけ買う」みたいな投資法をIVVなどの指数連動型ETFを用いて行う人たちもいます。

とくに忙しいサラリーマンの方や、コンプライアンス上、個別株に投資できないような職業の方でも投資できることから、IVVのような指数連動型ETFは万人受けした商品となっています。

 

 

S&P500指数連動型投信IVV、VOO、SPY

 

なお、ブラックロックが運用するIVVと同じようなS&P500連動型の米国株ETFとしては、ステートストリート(State Street Global Advisor)が運用するSPYや、ヴァンガード(Vanguard)が運用するVOOなどがあります。

歴史的にみると、S&P500連動型の米国株ETFで一番古いのはSPY、次がIVV、そのつぎがVOOとなります。

SPYは古くからあるため運用資産残高が多く、そのため急激な変動時にも厚みがあることが強みになります。そのぶんSPYは経費率がやや高くなっています。

(しかし、実際にはマーケットメイクが行われるため指数が大きく変動しても値付けはどこも大差なく行われると思われます。)

ちなみにIVVはS&P500指数連動型投信のなかでは二番手で、2000年に始まったS&P500連動型ETFとなります。

VOOは三番手で、2010年に始まったS&P500連動型ETFとなります。このVOOが手数料勝負をかけてくれたおかげで、IVVの経費率も引き下げられました。

投資家としては経費率は低ければ低いほど好ましいですから、この点ではVOOに感謝する投資家も多いでしょう。

 

 

IVVの価格推移

 

最後に、IVVの価格推移についてのせておきます。

IVVの設定来の価格は以下のように推移しています。

IVVの価格推移はS&P500指数とほぼ同じように動いています。

指数から大きく乖離してもマーケットメイクされますから、IVVは指数を売買する気持ちで取引できます。

かの有名な投資家ウォーレン・バフェットは、自分の妻にはS&P指数連動型投信を勧めているそうです。

アメリカは企業統治がしっかりしており、株主重視の経営が行われます。

またアメリカという国自体がひとつの資本主義社会のブランドです。

つまりバフェットに言わせると、そのアメリカに上場している株式をまんべんなく買うことが、資産形成において有効である。そのためにIVVやSPY、VOOのようなS&P500指数連動型投信は有効なツールである・・・ということのようです。

(個人的にもそれは一理あると思いますし、時間軸さえ間違えなければ正解だと思います。しかし、社会全体において非常に危険な考えだとも思います。それについてはいずれ・・・)

バフェットが言うのだから間違いない、としてIVVなどのS&P連動型ETFを買いつづける人たちがいます。

現在のアメリカ株の株高は、こうしたIVVなどのインデックス投信の買いが支えている部分も間違いなくあると思います。(それぷらす、自社株買いなどでしょうか)

こうした盲目的な投資手法が、企業統治をゆがめ、市場統治をゆがめるのではないかと、個人的には危惧しています。

 


あとがき

とりあえず、個人的にはIVVなどのようなインデックス投信というのは好きではありませんw

とりあえず、なんかズボラで怠惰な感じがしてきらいです。

IVVなどのインデックス投信を買うという行為は、不動産で言えば、個別の不動産を買わずに、街ごと丸ごと買うような行為と同じだと思います。

不動産の持つ特性をまったく無視して、その街の持つブランド価値に投資する行為が街の発展のためになるでしょうか。

ある程度はそういったものがあってもいいでしょうが、あまりに度が過ぎると街の発展に悪影響があるのではないかなぁという気がしています。

好き嫌いにかかわらず、世の中にはそういった仕組みもある、という割り切りで、自分は指数連動型ETF人気を眺めていくようにしています。

個人的には、毎月分配型ファンドを眺めていた時も同じ気分でした。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

ETFの問題に多くの人が気づき、騒ぐ時がくるのではないか、と感じています。

とりあえず、以上です。