【統計】中国国家統計局PMI 2018年12月

Pocket

【統計】中国国家統計局PMI 2018年12月

 

中国国家統計局が2018年12月の製造業PMI、非製造業PMI、総合PMIを発表しました。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

前回はこちら

【統計】中国国家統計局PMI 2018年11月

 

中国国家統計局 製造業PMI

12月の国家統計局製造業PMIは49.4

とうとう2016年以来の50.0未満に突入です。

好不調の境目が50.0ですから、製造業は景気後退入りと言えます。

 

項目別に見てみましょう。

PMIの各項目の説明をします。左からPMI、生産、新規受注、原材料在庫、雇用、サプライヤー納期、新規輸出受注、輸入、購買数量、購買価格、製品出荷価格、完成品在庫、受注残、期待指数

 

新規受注がマイナス成長に落ち込んでいます。

原材料在庫も減らしています。

雇用も減らしています。

新規輸出受注は46.6と大幅に低下しています。

輸入も低迷しています。

原材料価格、出荷価格ともに落ちています。

完成品在庫と受注残も低迷しています。

 

完全にモノのデフレ状態入りです。

 

 

 

中国国家統計局 非製造業PMI

非製造業PMIは上昇しています。

各項目ごとにみてみましょう。

 

 

 

左から事業活動、新規受注、購買コスト(投入価格)、サービス販売単価、雇用、期待指数、

新規事業数、受注残、棚卸資産、納期

※下の段は解釈が間違っているかもです。

 

 

ぶっちゃけ、新規受注以外はあまり改善点がみえないのですが。

期待指数がやたら高くて、PMI自体も高く出ています。

これが低下してきたら厄介でしょう。

 

中国国家統計局 総合PMI

 

総合PMIはやや低下していますが、そこそこ踏みとどまっている感じです。

でも、非製造業PMIの個別項目をみるかぎり強気にはなれません。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

今後もしばらく弱い動きが継続するとみていいでしょう。

以上。