2019年3月19日 米国株式市況概況~米株ヒートマップ・S&P500・米国債・WTI原油チャート~

Pocket

2019年3月19日 米国株式市況概況~米株ヒートマップ・S&P500・米国債・WTI原油チャート~

 

米国株式ヒートマップ

S&P500

 

 

米10年債利回り

 

 

 

WTI原油

 

2019年3月18日 米国株式市況概況~米株ヒートマップ・S&P500・米国債・WTI原油チャート~


 

昨晩のNY市場はダウ、S&P500、ラッセル2000が下落、ナスダックが上昇した

・・・が、株価的には実質的にフラット

株価推移的には高寄り後の安値引けであり、ネガティブな動きとなっている。

セクター的には下げたのは公益、不動産、金融など

金利敏感セクターと金利鈍感セクターが同時に下がる展開。

逆に、ヘルスケアが総じて堅調だったほか、

ソフトウェアや情報技術などもOK

半導体も底堅く推移

 

 

個別には、決算を発表したフェデックスFDXは、決算ネガティブながらさほど大きく落ちる状況とならず。

ここまでの下落でだいぶ織り込んでいるもよう。

いっぽう同じ輸送セクターでも鉄道輸送のユニオンパシフィックUNPはアナリストによる格付け下落を受けて3.3%安。

 

半導体は、データセンター向け需要拡大を期待してエヌビディアNVDAが再度上昇し始めたほか、マイクロンMU、ブロードコムAVGOなども堅調。

市場に意欲はそこそこある。

 

この日はFOMCの結果待ちで売買意欲が乏しくなるなか、米中貿易戦争で中国側が一部項目に反発しているとブルームバーグが報道し、これがやや嫌気される流れ

・・・との解説あり。

ただ、個人的にはあまり関係ないかなと思われる。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

なお、合算売買高は71.6億株。