19/5/29~1~MRJがスペースジェットに改称、席数変更&日本生産縮小へ/豪テルストラが5G開始/アリババが香港で再上場へ/マツモトキヨシ、ココカラファインと提携

Pocket

19/5/29~1~MRJがスペースジェットに改称、席数変更&日本生産縮小へ/豪テルストラが5G開始/アリババが香港で再上場へ/マツモトキヨシ、ココカラファインと提携

 

備忘録がわりにニュース記事を独断で掻い摘んでまとめます。

このニュースまとめページは日中随時更新します。

概ね4記事ごとにまとめます。

また、のちのち検索しやすいようタイトルに内容を軽く記すようにします。

 

前回はこちら:19/5/28~2~タイ・国民国家の力党にタイの誇り党が連立参加/独連邦金融サービス庁Bafin、国内銀行に引当金積み増しを義務化/企業向けサービス価格70か月連続前年比プラス/イスラエル再選挙の可能性高まる

 

 

 

アリババが香港証券取引所で2兆円超の二度目の上場を検討中

アリババが香港証取に上場へ

 

個人的見解:かつてアリババは香港で上場していたが、資本整理で香港を離れ、アメリカで上場し直した経緯がある。

今回、香港で上場し直す背景に、何があるのか?

ひとつには資本調達だろう。

もうひとつは、仮に米中通商戦争が激化してアメリカでの上場が取りやめになったときに、

代替で売買できる場所がないとアメリカでたたき売られる懸念があった・・・

ことが理由としてあるのではないかと、個人的にはみている。。

先日SMICがナスダック上場廃止になるとの報道があったが、この会社も香港で上場していなければ今頃もっと売られていただろう。

 

 

 

 

元王者マツキヨ、再編始動 1兆円連合でPB磨く

マツモトキヨシとココカラファインが業務提携へ

今回の提携、将来的には経営統合まで見越しているはず、との声が多数聞かれる。

マツモトキヨシはかつてドラッグストア業界のトップだったが

近年では他の追随を受けてトップから転落していた。

 

 

 

部品業界にMRJショック 米国生産検討で国産揺らぐ~名称もスペースジェットに変更

MRJ、スペースジェットに変更 名称から「三菱」外し刷新

MRJが米国生産を検討へ

また、90席をベースに設計していたものを70席ベースで作り直す方針

米国ではパイロットとの労使協定スコープ・クローズで地域間を跨いで運行する航空機の座席数に上限が設定されているとのこと。

労使協定が新たに結ばれて90席でもOKになるとみられていたが、なかなか緩和されないので70席で作り直すとのこと。

国内生産の比率が大きく下がることになる。

 

 

 

テルストラ5G開始 豪州初、サムスン製スマホで

豪通信大手テルストラが5Gを開始

スマホはサムスン製のギャラクシーS10を用意

通信容量160ギガ、電話かけ放題で端末代金込み1か月154豪ドル(1万2000円)

まだシドニー市内でも1割程度しか電波が届かないとのことだが、今後急速にエリアを広げるとのこと。

 

個人的見解:テルストラが利用しているのはエリクソンの通信機器です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

なお、サムスンギャラクシーS10はクアルコムのスナドラ855搭載です。