ジョニー・アイブ氏のApple退社を考える~ティム・クックCEOとの関係悪化は本当っぽい・・・

Pocket

ジョニー・アイブ氏のApple退社を考える~ティム・クックCEOとの関係悪化は本当っぽい・・・

 

iPhone、iMacなどを担当したインダストリアルデザイナー、ジョニー・アイブ(ジョナサン・アイブ)氏がAppleを去る

2019年6月、Appleのファンにとって非常に大きなニュースが世界を駆け巡りました。

Appleのハードウェアおよびソフトウェアのデザインを長年担当してきたジョニー・アイブ(ジョナサン・アイブ)氏が、

同社を退社して、自身の企業「ラブフロム(LoveFrom)」を設立すると発表したのです。




 

 

スティーブ・ジョブズの右腕、ジョニー・アイブ氏

ジョニー・アイブ氏は、まさにスティーブ・ジョブズの右腕と言っていい人物でした。

ジョニー・アイブ氏がAppleに入社したのは1992年

1997年にスティーブ・ジョブズがAppleに復帰すると、直後にインダストリアルデザイン担当上級副社長に昇格。

直後に、世界的に大ヒットするiMacを発表。

このiMacは、PC本体部分とディスプレイを一体化し、

さらに、まるで飴玉のようなフルーティーな色の青い透明なカバーで覆うというデザインで世界的に大ヒット

まさにApple(林檎)らしい素敵な商品でした。

(性能はクソでしたけど)

 

その後もiPod、iPhoneなど、ジョニー・アイブ氏が関わった製品は大ヒット

まさにスティーブ・ジョブズの右腕として長年にわたりAppleを支えてきた人物でした。

 

 

ジョニー・アイブ氏はティム・クックCEOの方針に嫌気して退社?

今回のジョニー・アイブ氏のApple退社に関して、ウォールストリートジャーナルのが興味深い記事を書いています。

https://www.wsj.com/articles/jony-ive-is-departing-apple-but-he-started-leaving-years-ago-11561943376

これによると、今回のジョニー・アイブ氏のApple退社は、同社CEOであるティム・クック氏との方針の違い

とりわけ、ティム・クックがデザインに無関心であったことが理由であるとのことでした。

最近はジョニー・アイブ氏はティムクックとの仕事にうんざりしていて会社にも週に2,3回しか来なかったとか。

 

 

匿名の人物からの情報、という形をとっていますが、この記事を書いた記者はCNN時代からアップルの動向を追ってきた有名な記者さんとのことで、

周囲の人々も「やっぱりティム・クックと反りがあわなかったんだな・・・」

と、ティム・クックとジョニー・アイブ氏の関係悪化説が半ば既成事実化しそうな状況でした。

 

 

 

ジョニー・アイブ氏のApple退社に関して、ティム・クックCEOが口を開く

ウォールストリートジャーナルのこの記事に対して、アップルのティム・クックCEOは即座に抗議

メールを送り付けてきたそうです。

 

ティム・クックがこんなふうに即座に抗議するとかめちゃくちゃ珍しい。

いつもナヨナヨしていてちょっとアレな感じのティム・クックですが、今回は黙っていられなかったようです。

The story is absurd.

とまで言ってます。

しかも冒頭にそんな言葉を置いているあたり、抗議というか、怒りがこみあげてきているような書き方です。

しかも締めくくりが

blow you away

です・・・

 

 

意訳してしまうと

馬鹿げてる。書かれていることのほとんどは実際と違う。お前は現場のことをわかってない。うちのデザインチームはみんな才能がある。彼らが取り組んでいるプロジェクトが実現したら、おまえの意見なんて吹き飛んじまうからな。

 

みたいな感じですかね。

すごいですね。

ゲイって怒ると怖いっていいますけど、本当ですね。

(ティム・クックは自他ともに認めるゲイです。)

 

 

 

ティム・クックCEOとジョニー・アイブ氏の関係悪化は現実っぽい

ただ、個人的にこのメールで気になったことがあります。

それは、今後のジョニー・アイブ氏との関係を示唆するものが一切ないこと。

 

ジョニー・アイブ氏周辺の側の発表によると、今後もアップルとのデザイン協力は続けていくとしています。

あくまでもジョニー・アイブ氏の立ち上げたデザイン制作会社が、Appleからの仕事を請け負ってやっていく、みたいな感じで報じられています。

ただ、ティム・クック側のメールからはそういった要素が一切みられません。

むしろ、自社のデザインチームの優秀性を誇っています。

 

今後、自社のデザインチームの優秀さを誇るためには、ジョニー・アイブ氏との仕事を切るしかありません。

そうでなければ

「やっぱジョニー・アイブ氏がかかわったデザインだと安心するよね」

という評判になりかねません。

それは現在のデザインチームの連中からしてもムカつくことなはずです。

 

 

ジョニー・アイブ氏のApple退社でデザインは大きく変化する可能性高し

各種メディアでは、ジョニー・アイブ氏がApple退社しても、同氏が今後もAppleに関わることでデザインの方向性は変わらないだろう、と予測する論調が多いようです。

しかし、個人的にはまったく逆を予想しています。

むしろ、ジョニー・アイブ氏との違いをみせるために、まったく違った路線のデザインに傾倒する可能性すらあるとみています。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

それは、Appleにとって非常にチャレンジングな賭けになります。

上手くいくか行かないか、わかりません。

Appleへの長期投資を考えている方は、そういった部分も考えに入れておいた方が良いと思います。