iPhoneXRを買うなら待つべし!もうすぐ値下げするとWSJが報じる

Pocket

深刻な販売不振に見舞われているiPhoneXR、日本市場テコ入れのためアップルは値下げを計画

 

 

iPhone XRが値下げへ

深刻な販売不振で、生産予定台数を大幅に引き下げているiPhoneXRですが、ここにきて日本市場テコ入れのために値下げをするといわれています。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

日本の携帯大手、iPhone XRの値下げ計画=WSJ

 

 

iPhone XR値下げの原資をAppleがキャリアに補助か?

この報道によると、Appleが日本の携帯電話各社に対して補助金のかたちで支給するとのこと。

アップルはこれを否定も肯定もしていないとのことです。

 

 

iPhoneXR値下げの背景に、生産規模の維持を迫られている呪縛

アップルはこの報道に先んじて、先週は台湾のファウンドリーへの生産委託規模を2/3に縮小していると伝えられました。

アップルがiPhone XRの生産を2/3に縮小するよう要請か?

当然、自己都合による発注キャンセルですから、そのままでは損害が発生してしまうはず。

今回、異例ともいえる発売後すぐの値下げの背景には、生産規模を一定程度以上に維持したいアップル社の都合があると思います。

 

 

iPhoneXRの値下げは悪手じゃなかろうか

ただこれは、長期的にみれば問題が多いはず。

ぶっちゃけ、今後iPhoneが発表されても、すぐに購入する人は少数になるでしょう。

ちょっと待っていれば値下がりする、それまで待とう、、、となりそうです。

 

 

 

iPhoneXRは値下げされれば売れるか?~iPhone8の方が売れ行きがいい?

とりあえず、iPhoneXRが安くなるのはいいとして、どれだけの人がこれを買おうとするか。

そして、値下げの影響でデバイスメーカーの利益率はどうなるのか、そこらへんが気になるところです。

現状、iPhone8の方が売れ行きが良いといわれており、顧客の価格への感覚はシビアです。

 

 

 

とりあえず、何かわかり次第、この記事に追加していきます。

今回は以上です。

 


追記:

iPhoneXRの価格引き下げはサプライヤーへの違約金支払い回避のため?

どうやら今回のiPhoneXRの価格引き下げは、サプライヤーへの違約金支払い回避のためという色彩が濃いようです。

アップルは採用する部品各社に一定量の買い付けを約束しているとされ、このままではそれが達成されない可能性があるのだとか。

このため、有機ELパネルの調達も続けねばならず、iPhoneXの生産を再開するとも伝わっています。(各メディアが報じていますが、情報ソースが一緒の可能性もあり、追って確認が必要です。)

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

これが本当ならば、下手をすると在庫の山を抱えることになり、値下げ販売を強いられることになり、Appleとしては業績の大きな下押し要因となる可能性がありそうです。