パウエルFRB議長講演~「政策金利は中立金利のすぐ下」と発言~利上げ打ち止め時期前倒しか?~

Pocket

パウエルFRB議長が講演~「政策金利は中立金利をわずかに下回る」と発言~10月の発言を事実上なかったことに~

 

 

 

パウエルFRB議長「政策金利は中立金利をわずかに下回る」と発言

パウエルFRB議長がニューヨークで講演しています。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

この中でパウエル議長は「政策金利は中立金利のすぐ下」と発言しています。

Interest rates are still low by historical standards, and they remain just below the broad range of estimates of the level that would be neutral for the economy

Speech by Chairman Powell on the Federal Reserve’s framework for … FRB

After the contraction, household debt has grown only moderately.
The net increase in mortgage debt has been among borrowers with higher credit scores.

今回のパウエルFRB議長は当たり障りのない中銀の役割論などで演説文言数を稼いでいる印象

今回のパウエル議長講演、その発言のほとんどがどうでもいい、みんな知っているようなことをツラツラ並べているだけにみえます。

全体の2/3くらいは非常に退屈な発言で占められています。

当然、市場の目は意味のある発言、つまり「政策金利は中立金利のすぐ下だよ」の部分に集まっています。

 

 

 

パウエルFRB議長の家計債務への認識は非常に良好

パウエル議長の今日の講演のなかでもう一つ二つ挙げるとするなら、以下の部分に個人的には気になりました。

household debt has grown only moderately.The net increase in mortgage debt has been among borrowers with higher credit scores.

(サブプライムローンバブル崩壊後)家計債務の伸びはおだやかで、信用力の高い連中が借金してるだけだからだいじょーぶ

みたいなかんじですね。

 

 

 

 

パウエルFRB議長は企業債務に警戒するも、システミックリスクにはならずと判断

firms with high leverage and interest burdens have been
increasing their debt loads the most (see figure 7). In addition, other measures of underwriting quality have deteriorated, and leverage multiples have moved up.

中略

The question for financial stability is whether elevated business bankruptcies and outsized losses would risk undermining the ability of the financial system to perform its critical functions on behalf of households and businesses.
For now, my view is that such losses are unlikely to pose a threat to the safety and soundness of the institutions at the core of the system

パウエル議長は企業債務にも警戒感を示していますが、金融システムを揺らがせるほどのものじゃないと判断しているようです。

 

 

パウエル議長はつい先月まで言っていたことと逆のことを言っている

パウエル議長、先月10月2日のときには

「現時点では政策金利は中立金利から程遠い」

と発言していました。

ところが、今月になったら

「政策金利は中立金利をわずかに下回るレベル」

と言い出しました。

もうなにも信じられませんね。

ここまでくると、発言の微修正というレベルではないです。

大転換でしょう。

 

 

株価の動向に左右されて金融政策を変更するパウエルFRB議長

この発言の大転換の引き金になっているのは、間違いなく株価だと思われます。

ぶっちゃけた話、パウエルびびってる・・・

10月の講演後にプチ暴落して怖くなったんだと思います。

 

 

 

はっきりいって、自分はこのパウエルというやつが嫌いです。

見るからに無能そうで頼りない。

これは3月のツイートですが

 

はっきりいって、このときに自分が感じたパウエル議長の人物評から全く変化ありません。

パウエル議長からは、自分の理屈を市場にわかりやすく伝える意思を感じません。

自分が中卒で馬鹿だからかもしれませんが、彼がどういう筋道でものを考えているのかサッパリわかりません。(イエレンさんのほうがわかりやすかった)

 

この人は、きっとあかんと思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

グリーンスパン以上に酷い気がします。

以上です。