2018年12月20日 米国株式市況概況

Pocket

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

 

S&P500

米10年債利回り

WTI原油

前営業日⇒2018年12月19日 米国株式市況概況

 


 

昨晩のNY市場はダウ、ナスダック、S&P500、ラッセル2000揃って大幅安。

基本的に、FOMCでザラ場安値を更新してきており、ネックを切った後の株価はしっかり下げる状態となった。

 

この日上昇したのは公益セクターのみで、あとはすべてのセクターが下落

とくに原油価格の下落傾向を受けエネルギー株が売られたほか、

情報関連企業への規制強化、税金強化の動きを受けて情報技術関連が売られた。

 

一部には政府機関閉鎖問題を嫌気して下落、、、などといった解説もあるが、そういうことを言ってる奴は無視していい。

基本的に、今の相場はチャートがほぼすべてのノイズを跳ねのけて動いており、別に政府機関が開こうが閉まろうが市場には無関係だろう。

下手をしたらFOMCがどうであっても、下落は避けられなかった可能性が高いと思っている。

 

 

なお、ここもと海外の株式の方がアメリカよりも下げが緩い、もしくは上昇している。

ここ一年、アメリカ一国があげて、あとの国は弱い動きであったが、最近はちょっと違う動きになっている。

アメリカにお付き合いして下落する相場がまたやって来るとは思うが、細かい歪みには注視が必要だろう。

合算売買高は120.9億株。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

大きな出来高となっている。