【統計】2018年11月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

Pocket

【統計】2018年11月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

 

このデータは直近12カ月の出荷を対前年比で比較し百分率でヒートマップ化したものです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

使用しているデータは経済産業省の鉱工業生産速報値品目別季節調整済み指数です。(今月から季節調整済みに変更しました。)

なお、前回の鉱工業生産指数はこちら↓

【統計】2018年10月鉱工業生産指数出荷指数速報ヒートマップ

 

鉱工業指数、2015年=100
季節調整済指数原指数
指数前月比指数前年同月比
生産
(前月値)
104.7
(105.9)
-1.1
(2.9)
108.1
(109.4)
1.4
(4.2)
出荷
(前月値)
103.1
(104.6)
-1.4
(3.5)
106.0
(107.2)
0.7
(5.7)
在庫
(前月値)
101.5
(101.3)
0.2
(-1.3)
103.6
(102.2)
0.7
(-0.7)
在庫率
(前月値)
102.8
(104.7)
-1.8
(-0.5)
102.3
(103.1)
0.1
(-1.4)

 

 

 

 

11月の鉱工業生産出荷指数は前年比かろうじてプラスですが、前月比ではマイナスです。

昨月がその前2カ月の災害要因(洪水・北海道地震)からの復帰生産で出荷が伸びており、11月は巡航速度に戻っています。

なお、悪化項目として気になるところは

サーボモータ・・・安川電機など

カメラ用交換レンズ・・・タムロン、トプコンなど

ダイヤモンド工具・・・太陽光発電用シリコンウエハ製造用?

苛性ソーダ・塩素

銑鉄、鋼半製品

特にした2つの項目は中国の影響がもろに出てきているように感じます。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!