ウェブトラフィックの28%はbotなど人間以外によるもの?

Pocket

Fraudulent Web Traffic Continues to Plague Advertisers, Other Businesses (WSJ)

かなり深刻な記事だと思います。

簡単に言ってしまうと

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   
  • ウェブトラフィックの28%はbotなど人間以外によるもの
  • 一般的な検索エンジンの他、旅行検索エンジン、音声アシスタントが巡回している
  • GoogleHomeやアレクサなどの音声アシスタントの利用拡大は、bot増大につながっている
  • なかにはbotであることを隠して巡回する例も
  • 広告主はbotで膨らんだアクセス数をみて、ネット広告の価値を過大に評価してしまう可能性

 

要するに、広告主はたくさんのアクセスを期待してGoogleなどに広告出稿しているのに、アクセスしてきているのはbotだらけで、じつはあまり効果が発生していない可能性がある・・・

それを解決するには人間とbotのアクセスを分析して広告価値をはじき出す必要がある。この調査を主導したAdobeは、ウェブトラフィックを解析するツールでbotスコアのようなものを作ってマネタイズすることができるのでは?と予想しています。

 

以前からbotの巡回は語られていましたが、さすがに3割近い数字というのはショックです。

分析ツールを提供するAdobeが主張している数字なのでバイアスがかかっているのでしょうが、もしこれが本当であればGoogleなどの広告収入は大きな痛手を受ける可能性があります。

 

このニュース以外にも、今日はちょっと他にもいろいろと、ネットの数字の水増しを意識するようなニュースを目にしました。それについてはまた別の機会に書きます。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

by中卒くん