銀座の高級クラブ接待疑惑を報じられた義本博司・高等教育局長、大学入試センター理事に出向へ

Pocket

銀座の高級クラブ接待疑惑を報じられた義本博司・高等教育局長、大学入試センター理事に出向へ

 

接待汚職疑惑で昨年処分を受けた文科省の義本博司・高等教育局長が大学入試センター理事に出向へ

昨年、銀座の高級クラブや四谷の飲食店などで業者による接待を受けていたと報じられて処分された義本博司・高等教育局長が、大学入試センター理事に出向することになりました。

省内では「事実上の更迭」との見方が優勢のようです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

文科省局長、事実上の更迭か 不適切接待で処分、出向へ 朝日

 

 

義本博司・高等教育局長が受けた汚職接待疑惑とは?

義本博司・高等教育局長はどのような汚職接待疑惑を受けたのでしょうか。

報道によると、義本博司氏は17年7月に高等教育局長に就任。

同年17年9月、東京新橋の飲食店での会合に出席し、銀座のクラブでの二次会などの接待を約11万5000円分受けたとのことです。

銀座のクラブで11万5000円の接待というのはどういうサービスなのかよくわかりませんが、とりあえず、業者との癒着を疑われて国家公務委員倫理規定などに違反したと認定され、減給10分の1(一か月)の処分を受けたそうです。

贈賄業者との「危うい関係」 文科省報告書で接待攻勢の実態浮かぶ 産経

11万5000円の接待を受けて減給10分の1(一か月)なら接待を受けた方が得かな?とも個人的には思うのですが(笑)

実際にはその後、局長ポストを追われて出向させられてしまったわけで、やっぱり業者による接待ってのはあまり美味しいものでもないようです。

 

 

義本博司・高等教育局長が接待を受けた業者は贈賄罪で起訴

義本博司・高等教育局長が接待を受けたとされる医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司被告はその後、贈賄罪で起訴。

文科省ではこの件に絡み、戸谷一夫事務次官、高橋道和初等中等教育局長が引責辞任するなど大荒れ。

なお戸谷氏や義本博司・高等教育局長らは、前国際統括官の川端和明被告(収賄罪で起訴)を介して谷口浩司被告から接待を受けていたとのこと。

 

 

高等教育無償化関連法案を前に義本博司・高等教育局長を外したか?

今月末から通常国会では、高等教育無償化・負担軽減策などの関連法案が審議されることになっているそうです。

そうなると、高等教育局長は国会答弁に出ることになります。

カメラに写って、全国に流される。

あぁ、これが当時贈収賄事件に連座した人なのか、とお茶の間を賑わす・・・可能性がありました。

今年は参院選がありますので、そうしたお茶の間にスキャンダラスなネタをばらまくような状況を避けるため、実質的に更迭されたのではないか?という憶測が流れているようです。

 

 

 

なお、この義本博司・高等教育局長が汚職の疑いをかけられた事件ですが、国会議員の関与も取りざたされているとのことです。

この件に関しては、この贈収賄事件の中心人物として祀り上げられている谷口浩司被告の妻(とされる人物)のブログが面白いです。

谷口浩司 妻

で容易に検索できますので、気になった方はしらべてみてください。

なぜ検察は関係する政治家を訴えないで私の夫を吊し上げるのか?

とひたすら書き殴るそのブログは、なかなかに鬼気迫るものがあります。

なお、奥さんは乳がんで闘病中とのこと・・・

ごくろうさまです。

 

 

 

とりあえず、この国にはまだまだ色々と裏の社会があるようで。

面白いやら恐ろしいやら。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

あまり近寄らないのが吉ですね。

以上です。