【統計】日本の貿易統計(輸出・輸入・貿易収支)~2019年1月~中国・アジア編

Pocket

【統計】日本の貿易統計(輸出・輸入・貿易収支)~2019年1月~中国・アジア編

2019年1月の貿易統計のうち、中国、アジアのみ抽出したものを見ていきましょう。

かなり特徴的になっています。

メインの統計⇒【統計】日本の貿易統計(輸出・輸入・貿易収支)~2019年1月~

 

貿易統計~アジア向け輸出

品名価額構成比伸率増減寄与度
総額2,910,946100-13.1-13.1
1 食料品34,7561.2-8.9-0.1
2 原料品55,2271.9-16.8-0.3
3 鉱物性燃料59,8002.1-4.2-0.1
4 化学製品475,07116.3-9.4-1.5
有機化合物123,5804.2-10-0.4
医薬品17,5040.6-1.60
プラスチック132,6454.6-16.7-0.8
5 原料別製品410,05514.1-14.6-2.1
鉄鋼169,9795.8-17.2-1.1
非鉄金属84,0862.9-19-0.6
金属製品50,7611.7-7.7-0.1
織物用糸・繊維製品31,2861.1-12.4-0.1
非金属鉱物製品40,5201.4-5.3-0.1
ゴム製品15,9440.5-12.3-0.1
紙類・紙製品16,2450.6-10.2-0.1
6 一般機械534,02518.3-19.8-3.9
原動機77,8672.7-13.1-0.3
電算機類(含周辺機器)5,2010.2-18.30
電算機類の部分品31,5661.1-21.7-0.3
半導体等製造装置128,1584.4-34-2
金属加工機械35,7521.2-30.1-0.5
ポンプ・遠心分離機41,8811.4-4.6-0.1
建設用・鉱山用機械17,2700.6-15.1-0.1
荷役機械24,0230.812.30.1
加熱用・冷却用機器13,2530.50.20
繊維機械11,0900.4-37.6-0.2
ベアリング18,0740.6-9.2-0.1
7 電気機器626,40821.5-12-2.6
半導体等電子部品266,4969.2-2.7-0.2
(IC)194,3986.7-4.2-0.3
音響・映像機器13,1990.5-29.4-0.2
(映像記録・再生機器)9,1720.3-39.5-0.2
(テレビ受像機)2,6940.152.20
音響・映像機器の部分品9,8050.3-29.7-0.1
重電機器30,6981.1-22.4-0.3
通信機20,0600.7-40.5-0.4
電気計測機器57,5432-9-0.2
電気回路等の機器91,6023.1-23.3-0.8
電池12,6020.4-7.20
8 輸送用機器287,3079.9-4.5-0.4
自動車131,1854.5-2.4-0.1
(乗用車)101,8003.5-4-0.1
(バス・トラック)25,9970.90.60
自動車の部分品108,0163.7-9.2-0.3
二輪自動車2,3550.1-0.60
航空機類1,18509.60
船舶38,0381.310.80.1
9 その他428,29714.7-14.5-2.2
科学光学機器96,9633.3-18.2-0.6
写真用・映画用材料25,0750.920

 

対アジア輸出は非常に広範囲に下落していることがわかります。

とくに素原材料の下落が酷い。

じつは、1月は中国からの輸出がドル建てで前年同月比9.1%増と非常に増えております。

【統計】2019年1月中国貿易統計~輸出~

リンク先を見てもらえばわかるとおり、精製油から化成品、繊維、鉄鋼などなど素材、原材料が大量に中国から輸出されています。

日本からの輸出は大幅に減っています。

・・・何が起きたかは、だいたい察しってかんじです。

なお、弱い弱いと言われている電子部品が実はそれほど減っていません。

 

 

 

 

貿易統計~中国向け輸出

品名価額構成比伸率増減寄与度
総額958,113100-17.4-17.4
1 食料品4,3840.5-6.40
2 原料品14,9731.6-34.3-0.7
3 鉱物性燃料8,7800.917.40.1
4 化学製品181,03418.9-11.6-2
有機化合物70,7207.4-2.2-0.1
医薬品8,7240.9-3.50
プラスチック47,9075-27.5-1.6
5 原料別製品111,70711.7-20.5-2.5
鉄鋼35,4403.7-21.8-0.9
非鉄金属26,3212.7-21.1-0.6
金属製品17,7451.9-10.9-0.2
織物用糸・繊維製品12,1191.3-18.7-0.2
非金属鉱物製品13,0551.4-21.9-0.3
ゴム製品3,9590.4-23.8-0.1
紙類・紙製品2,8120.3-40-0.2
6 一般機械200,62420.9-26.6-6.3
原動機29,8013.1-25.9-0.9
電算機類(含周辺機器)1,7050.2-33-0.1
電算機類の部分品12,4511.3-21.1-0.3
半導体等製造装置52,6125.5-24.8-1.5
金属加工機械12,7441.3-52.2-1.2
ポンプ・遠心分離機15,6711.6-11.9-0.2
建設用・鉱山用機械3,3040.3-6.20
荷役機械5,9380.6-19.2-0.1
加熱用・冷却用機器3,3060.3-41.3-0.2
繊維機械5,3780.6-33.3-0.2
ベアリング5,9140.6-21.4-0.1
7 電気機器206,36821.5-20.9-4.7
半導体等電子部品79,5458.3-1.5-0.1
(IC)60,3026.31.80.1
音響・映像機器5,4940.6-32.5-0.2
(映像記録・再生機器)3,6750.4-49-0.3
(テレビ受像機)1,6100.2138.70.1
音響・映像機器の部分品4,4390.5-32.8-0.2
重電機器10,1591.1-36-0.5
通信機9,4861-48.2-0.8
電気計測機器19,1602-17.7-0.4
電気回路等の機器31,1843.3-38.9-1.7
電池6,8160.74.90
8 輸送用機器96,67310.1-5.9-0.5
自動車44,7904.72.70.1
(乗用車)44,3574.62.60.1
(バス・トラック)433014.50
自動車の部分品49,9835.2-12.5-0.6
二輪自動車50052.90
航空機類2100311.60
船舶ZENGEN0
9 その他133,56913.9-6.7-0.8
科学光学機器51,2345.3-16-0.8
写真用・映画用材料8,3530.98.30.1

 

対中国向け輸出をみても、対アジア向けと同じ構図がみてとれます。

中国からの猛烈なデフレの輸出が始まっています。

素材、原材料など上流から中流にかけての製品に価格低下圧力がかかっているのは、中国が環境規制を一部緩和して輸出を拡大しているから。

日本企業は中国企業の環境規制強化でずいぶんと潤ってきましたが、ここにきて逆回転の動きがきているようにみえます。

 

なお、こちらをみても電子部品、ICなどはさほど落ちていない。というかICは輸出が伸びています。

ここら辺、報道ベースだと電デバが悪いという印象が強いですが、データは全く別の風景をみせてくれています。

気をつけておいたほうがいいです。

 

なお、この1月は昨年と日の並びがことなっており春節がずれています。

今年はこの分、好調にみえるはずでしたが、このような状況です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、春節明けの動向には気を付けた方がいいと思います。

以上です。