インドがカシミール地方のパキスタン領を空爆~選挙を控えて弱腰をみせられないモディ政権

Pocket

インドがカシミール地方のパキスタン領を空爆

 

インド軍の戦闘機がパキスタン領に越境攻撃、カシミール地方のテロ攻撃に報復か

インド軍の戦闘機、ミラージュ2000がカシミール地方の停戦ラインをパキスタン側に越境し、パキスタン側で潜伏していた武装勢力を攻撃したとのことです。

これは先日、インドが実効支配するジャム・カシミール地方で発生したインド治安要員に対する殺害事件に対する報復のもようです。

Indian Air Force Mirage 2000 fighters strike terror camp across LoC …

こうなる可能性は薄々感じていましたが、いよいよ起きてしまったなぁという感じです。

印パ軍事衝突の危険性は甘く見ない方が良いと思う件~インド株投資の潮目変わるか? 2月20日

 

 

 

 

カシミール地方で起きたインド兵への攻撃で40人死亡

先日14日、インドとパキスタンで領有権争いが行われているカシミール地方で、インド兵への自爆攻撃が行われました。

爆発物を載せた車が治安部隊のバスに突入。

この事件でインド側の治安要員40人が死亡したということです。

モディ政権は軍の支持を落とすわけにいきませんから、すぐさま関税引き上げなどの政策をとりました。

インドがパキスタンからの輸入品に200%の関税をかける 2月20日

しかし、両国は昔からいがみ合っており、そもそも貿易量も希薄、より実効性のある行動として、パキスタンに対する軍事攻撃を要求する声も高まっていました。

 

 

カシミール問題が緊迫化~「攻撃されたらすぐに報復する」とカーン・パキスタン大統領

こうした緊張の高まりに対し、パキスタンは「やられたらやりかえす」といった主張をしてきました。

どちらも軍の影響力の強い二か国ですから、安易に妥協できない状況になっていました。

インド・パキスタンに軍事衝突の可能性~両国とも核保有国 2月20日

とりあえず、インド、パキスタン両国とも核兵器保有国である、という事実は忘れてはいけないと思います。

カシミール問題はささくれのように影響しています。

このままエスカレートしなければいいのですが、もし突き進めば、核ミサイルの利用すらありうる・・・そんな状況になっています。

ありえないとはいいきれません。

日本人とか、欧米人の感覚で考えちゃダメです。

インド人と、パキスタン人なんですから。

 

 

それと、日本のメディアはこの問題を軽く扱い過ぎです。

カシミールでの40人死亡ニュースすら、ほとんど言及がされてこなかったと思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

リスクに目を配るためには、日本以外のメディアにも、しっかり目を通さないといかんと思います。

以上です。