【統計】2019年1月鉱工業生産指数在庫指数速報 季節調整済みヒートマップ

Pocket

【統計】2019年1月鉱工業生産指数在庫指数速報 季節調整済みヒートマップ

このデータは直近12カ月の在庫を対前年比で比較し百分率でヒートマップ化したものです。

使用しているデータは経済産業省の鉱工業生産速報値品目別季節調整済み指数です。(今月から季節調整済みに変更しました。)

 

出荷指数⇒【統計】2018年12月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

前月までの鉱工業生産指数

【統計】2018年12月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

【統計】2018年12月鉱工業生産指数在庫指数速報 季節調整済みヒートマップ

 




鉱工業指数、2015年=100
季節調整済指数原指数
指数前月比指数前年同月比
生産
(前月値)
100.8
(104.7)
-3.7
(-0.1)
95.8
(104.7)
0.0
(-1.9)
出荷
(前月値)
99.2
(103.3)
-4.0
(0.0)
94.5
(104.6)
-0.9
(-3.1)
在庫
(前月値)
101.6
(103.1)
-1.5
(1.7)
103.6
(100.7)
1.2
(1.9)
在庫率
(前月値)
108.5
(107.6)
0.8
(5.1)
116.0
(103.2)
-1.1
(7.5)

 

 

鉱工業生産指数2019年1月在庫に関する短評

鉄鋼はトラブル続きで生産が伸びず、在庫も伸びていない。

ここ三カ月ほど、季節調整を含んでみても、住宅設備関連に在庫急増するものがでてきている。

ガスコンロ、ガス湯沸し器、風呂釜などの在庫積み上がりは建設需要の低迷を反映か?

ショベル系掘削機、クレーンも在庫増、こちらも建設関連

金属工作機械・研削盤などの在庫の伸びはほぼ7カ月連続

出荷もそこそこ好調持続なのだが、受注は落ちているとみられ、生産能力の増強が問題にならないか不透明

汎用内燃機関も在庫増

乗用車エアコン用コンプレッサーも在庫増

軸受けも昨年3月頃から在庫増だが、ここもと増加率が伸びている

複写機はここ三カ月で悪化

メモリの在庫の伸びは収まらず

CCD、CMOSは在庫が減少傾向

中・大型液晶は在庫減、

小型は増

乗用車の在庫管理は良

ここにきて急激に線材、化粧品、クリーム、日焼け止めなどが在庫増加

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

この傾向はインバウンド需要の減と呼応している可能性。

以上。