2018年4月12日 ニュースまとめ

Pocket

備忘録がわりにニュース記事をまとめます。

個人的に重要と感じたものを独断で掻い摘んで纏めます。

この記事は日中随時更新します。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

(4時49分)

サウジがリヤド上空でミサイル迎撃、武装組織「フーシ派」の攻撃激化

元はと言えばサウジがイエメンに攻め込んだのがキッカケのこの戦争、いまでは当のサウジアラビア領内にまで戦火が拡大しています。サウジとしては、サウジアラムコ上場を控えた環境でコレは痛い。アメリカに泣きついて対イラン制裁を強めるよう促していますが、それで解決する話でもないような気がします。

米3月消費者物価0.1%下落、10カ月ぶりマイナスもコアは堅調

基調としては強めです。若干意外感があったのか為替は一旦ドル安で反応しましたが、現在は対主要通貨で軒並み変わらず近辺に戻してきています。

「物価上昇率目標に自信」 3月のFOMC議事要旨 

3月FOMC議事要旨発表。機械的な利上げペース維持が予想されます。ただ少数のメンバーが3月利上げを遅らせることのメリットを指摘していたというのは意外感あり。

 


(11時11分)

大企業への補償請求、消費者団体が「代表訴訟」 欧州委が提案

米国のクラスアクション制度と異なり、事前に登録されている消費者団体的なところが活動しなければならないそうです。個人的には、利益相反関係が疑われる事案が増えるような気がします。

米共和党のライアン下院議長、中間選不出馬表明 来年1月に引退へ

非常に残念。まともな人達がどんどん消えていきます。

Aluminum Nears Highest Since 2012 as U.S. Rusal Sanctions Bite

RUSALへの制裁措置の影響がじわじわと広がっています。先日も記事に書きましたが、ルサールは新地金、アルミナ、ボーキサイトの世界シェ5~6%ほどです。少ないように思われますが、これだけの量を増産する設備稼働余力はたぶんありえません。景気のピーク近辺ですから、いまここから設備投資をする意欲もないでしょう。既存のサプライヤー、アルコアやリオティント、チャルコなどにとってはめちゃめちゃ美味しい展開になっています。

歳出抑制へ都道府県別に「医療費下げ」 財務省が改革案

昨日の記事です。結構大事なんですが抜け落ちてました。社会保障費抑制のため、地方自治体ごとに診療報酬の設定を変更できるようにしよう、という提案がでています。この方針ですと間違いなく都市間で医療格差が広がりますから、財源措置などでどうバランスしていくのかが課題となります。

外国人、技能実習後も5年就労可能に 本格拡大にカジ

技能実習制度を拡充し、日本に滞在できる年数を増やそうという提案です。同時に、家族を呼び寄せることも可能にするそうです。人口を維持するために外国からの移民を増やしたい政府の意向が表れています。

 

風邪薬に配合イブプロフェン 男性不妊に関係? 

イブプロフェンがライディッヒ細胞の機能低下を促すことでアンドロゲン産生に影響するそうです。比較的短期間の使用であっても、人の精巣のステロイド産生を抑制し内分泌系に変化を生じさせ、代償性性腺機能低下を誘発する可能性があるとのことです。つまり、カロナール使っとけってことです。

 

Hong Kong Dollar Touches Key Level for First Time Since 2005

米ドルにペッグしている香港ドルが、金利差による為替レート変動によりペッグ下限を割り込みました。香港金融当局の動きが焦点となります。

 

ザッカーバーグ氏、FBユーザー以外の情報収集認める

FB登録者のアドレス帳などから情報を抜き取って、ユーザーでない人々のシャドープロファイルを構築していることを自白。


(12時51分)

日野自・VWが包括提携 EVや生産相互補完

速報段階です。午後に記者会見があるそうです。具体的な内容がよくわかりません。トヨタとVW、両にらみということでしょうか。

 

李克強深化改革 打造升級版上海自貿區

李克強首相が港湾クレーン(ガントリークレーン)世界一位の上海振華重工(900947/600320)と洋山港4期埠頭などを視察しているようです。

華能新能源首3個月發電量增近兩成

再生可能エネルギー大手、華能新能源(00958)の2018年3月の発電量は前年同月比20.7%増の248万MWhと好調に推移。中国は石炭火力発電大手の業績が低迷する一方で、再生可能エネルギー企業がどんどん大きくなっていっています。

大唐新能源第一季度发电量:风电发电量48.92亿千瓦时 同比增加45.92%

再生可能エネルギー大手、大唐新能源の2018年Q1の発電量が前年同期比45.92%増の4965053MWh、うち風力発電が同46.35%増の4891759MWh。華能新能源、新天緑色能源などと同様に、再生可能エネルギー銘柄はすごい好業績っぷりです。


(14時24分)

舜宇光学科技( 2382.HK ) 手机镜头表现较佳,模组、车载镜头低于预期

舜宇光学科技(Sunny Optical Technology)、2018年3月の携帯電話用レンズセット出荷量が前年同月比51%増の6070万個、携帯端末用モジュール出荷量前年同月比7%増、車載レンズセット同11%増。伸び率は高いものの、全体的に減速。

 

上海銀行間取引金利SHIBORが急低下

都心オフィス空室率、3月は10年ぶりに2%台に低下 賃料上昇続く

オリンピック需要で大型再開発プロジェクトが2020年代に先延ばしされており、都心オフィスの需給関係が引き締まっています。空室率は低下していますが、賃料はリーマンショック前の2/3程度に留まっており、個人的には好景気と言えるほどの実態ではないと思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    
武田、アイルランド大手買収へ準備 大手行に融資打診

実現すれば6兆円を超える大型買収となります。市場はこの経営判断に懐疑的です。