薬剤給付管理PBM関連銘柄に売り圧力~大統領選を控え、共和民主両党から突き上げ喰らう

Pocket

薬剤給付管理PBM関連銘柄に売り圧力

 

薬剤給付管理PBM関連銘柄が政治のターゲットに

アメリカはそろそろ次期大統領選に向けた政治の時期に入ってきています。

そうしたなか、共和党、民主党両党がこぞって薬価の問題、医療費の問題を取り上げはじめています。

このことが、薬剤給付管理PBM(Pharmacy Benefit Manager)関連銘柄に売り圧力としてあらわれてきています。

 

 

薬剤給付管理PBMとは

薬剤給付管理PBMというのは、薬局などの小売業者や保険会社との提携をもとに、一括して医薬品メーカーと価格交渉などをする役割を担う者のことをいいます。

これにより大量調達によるコスト削減、交渉力の確保が図られることで、薬価を押し下げることが可能になるのが、薬剤給付管理PBMの利点とされています。

まぁ、ようするに消費者(保険加入者)、小売、保険会社、医薬品会社、卸などの利害調整を行う立場のもの、それが薬剤給付管理PBM会社というものです。

本来なら薬剤給付管理PBMが間に入ることで薬価は安くなるはずなんですけど、なぜかアメリカの薬価は海外に比べて二倍程度高いと言われます。

まぁ、どこかでズルが行われているということですね。

 

 

薬剤給付管理PBM会社にはどんな会社がある?

薬剤給付管理PBM会社はかつて滅茶苦茶多数あったのですが、今は概ね3社の系列で70%超を抑える市場になっています。

CVSヘルス・・・もとはドラッグストア。傘下CaremarkでPBMを展開。保険のエトナを8兆円で買収

ユナイテッドヘルス・・・もとは保険会社。傘下OptumRxでPBM展開

シグナ・・・もとは保険会社、PBM大手のエクスプレススクリプツを買収

 

他にもありますが、概ねこの3連合が強く、大体70%を超えていると思われます。

 

 

薬剤給付管理PBM、保険会社に対する共和党トランプ大統領の態度

薬剤給付管理PBMや保険会社に対する共和党トランプ大統領の主張はどのようになっているでしょうか。

まずトランプ大統領ですが、2018年10月25日、記者会見で薬価引き下げ策を発表しています。

大雑把に言いますと、国際薬価指数IPIに基づいて、自国のクスリの価格を他国並みに安くするようにトランプ大統領は訴えています。

これによって5年間で172億ドルを節約できるとしており、自己負担額も34億ドル抑えられるとのことです。

米国はメディケアのせいで他国の2倍の薬価になっている、としています。

もしこれが導入されたなら、価格の決定にたいして国が大きく関与することになり、薬剤給付管理PBMの存在意義が失われかねない状況となっています。

 

 

 

薬剤給付管理PBMや保険会社に対する民主党の態度

また民主党ですが、こちらはトランプ大統領が貶しているメディケアを全ての人に提供するという、国民皆健康保険制度「メディケア・フォー・オール」を推していく方針を固めていると伝えられています。

もしこんなものが導入されたなら、薬剤給付管理PBMと統合した保険会社は価値が激減してしまうでしょう。

また、国民皆保険制度で公的皆保険にバイイングパワーがついたなら、薬剤給付管理PBM関連の最強のライバルが出演することになります。

 

薬剤給付管理会社PBMは共和党、民主党どちらになっても厳しい?~背景に高齢化問題

とりあえず、共和党、民主党どちらになっても、次期政権では薬価や民間保険会社にネガティブな影響が出かねず、もちろん業界団体はロビイングを行うでしょうが、薬剤給付管理会社PBMにとっては冬の時代がやってきそうな状況になっています。

この背景には米国が抱える高齢化問題がありそうです。

もちろん、米国には少子化の問題はさほどありません。

日本とはその点は違う。

けれど、高齢化は着実に進んでいます。

ここもと平均余命はやや頭打ちですが、それでも1980年代に73.61歳だった米国の平均余命は2016年に78.69歳にまで延びています。

それでもまだ日本の83.98歳よりも短く、高齢化する余地があるのがアメリカです。

高齢化すれば、それだけ疾患にかかる率も高くなる。

考え方も社会保障の充実を望むようになりがちです。

そういった点が、共和党、民主党双方において影響を持ち始めているのではないか、というふうに感じます。(間違ってるかもしれません。指摘あればおねがいします。)

 

 

薬剤給付管理会社PBM関連銘柄のパフォーマンスの悪化は顕著

ここもとの薬剤給付管理会社PBM関連銘柄のパフォーマンスは顕著です。

2019年3月5日までの一か月のパフォーマンス

 

2019年3月5日までの一週間のパフォーマンス

どうでしょ?

右側中段のHealth Care Plansってのが、まさに保険&PBM関連です。

かなり悪化しているのがわかりますよね。

 

ユナイテッドヘルス UNH

 

CVSケアマーク

 

シグナ

 

いろいろとお疲れな感じのチャートになっていますね。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、今回はPBMに関して書いてきました。

なお、上記はあくまでも個人的見解であり、特定の投資スタンスをお勧めしたものではありません。

投資においては自己責任でお願いいたします。