トランプ氏訴えたポルノ女優側弁護士『マイケル・アベナッティ』氏、逮捕される~ナイキを強請った容疑も?

Pocket

著名弁護士『マイケル・アベナッティ』氏、逮捕される

 

ポルノ女優「ストーミー・ダニエルズ」の弁護士『マイケル・アベナッティ』氏が逮捕される

トランプ米大統領との不倫関係をネタに訴訟をおこしたポルノ女優「スト―ミー・ダニエルズ」(本名ステファニー・クリフォード)。

全米を巻き込む政治問題にまで発展したこのポルノ女優ですが、その弁護士『マイケル・アベナッティ』氏が、逮捕されたとのことです。

容疑は強請りと電信詐欺。

カリフォルニア州とニューヨーク州で別々の事件として逮捕されたとのことです。

Michael Avenatti arrested on federal charges of wire fraud and extortion

 

『マイケル・アベナッティ』氏の容疑

『マイケル・アベナッティ』氏のカリフォルニア州検察当局による捜査の件については、電信詐欺とのこと。

クライアントへの納金を本来可能である期日よりも2カ月遅くし、その間に彼のコーヒービジネスに流用していたとのこと。

またニューヨーク州検察当局による捜査については、2014年に銀行から融資を受ける際に収入について嘘をついた、というもののよう。

詳しいことはよくわかりませんが、まぁとりあえず、これらの件で逮捕。

 

 

 

『マイケル・アベナッティ』氏に浮かぶナイキへの強請り容疑

また、『マイケル・アベナッティ』氏にはナイキに対して強請りを行ったのではないか、という疑いが浮上しているようです。

『マイケル・アベナッティ』氏は、この発表の直後に逮捕されたようです。

Michael Avenatti charged with trying to extort more than $20 million …

どうも、ナイキが強大な法曹と検察へのつながりを利用して、大ごとになる前に処理したような・・・

報道によると、『マイケル・アベナッティ』氏は電話でナイキ側と交渉。

この中で、ナイキ側が脅されている、と感じる何かの発言をしたもようです。

具体的にどのようなやり取りがあったのかは不明確です。

一説によれば、株価が下がるだとか、顧客に損失が出るだとか言ったなどと報じられていますが、どれもソースが明確でなく注意が必要です。

 

 

 

『マイケル・アベナッティ』氏はDV容疑で逮捕

なお、『マイケル・アベナッティ』氏ですが、昨年11月にはDV容疑で逮捕されています。

保釈金支払いで即座に釈放されていますが、この件でも揉めているようです。

『マイケル・アベナッティ』氏は次期大統領選に出馬するとも伝えられたことがあり、基本的に目立ちたがり屋なところがあると思われます。

いつもニュースが持ち上がる、お騒がせな著名弁護士です。

 

 

 

『マイケル・アベナッティ』氏、Rケリーによる未成年者への性的暴行を暴く

『マイケル・アベナッティ』氏はストーミー・ダニエルズ以外にも、セックススキャンダルの弁護、訴訟などを担当しています。

最近では著名R&BシンガーのRケリーによる1998年から2010年のあいだに行われた未成年者とのセックススキャンダルを暴きました。

2019年1月にはRケリーの性的虐待疑惑をドキュメンタリー番組にしたてて『Surviving R.Kelly』なる番組が作られましたが、これでRケリーへの犯罪捜査が本格的に開始。

『マイケル・アベナッティ』氏はどのようにして入手したかわかりませんが、Rケリーが未成年者とセックスしている映像を入手したとして捜査当局に提出。

個人的には、これらすべてが『マイケル・アベナッティ』氏によるお膳立てで行われたのではないか、とみていますが、まぁそこらへんは確証がありません。

とにかく、なんかいつも同じような手口で企業や個人(金持ち)がターゲットにされているような、そういう事件をよく担当する弁護士です、『マイケル・アベナッティ』氏は。

 

 

『マイケル・アベナッティ』氏はナイキの何を暴露しようとしたか?

さて、ここで気になるのが『マイケル・アベナッティ』氏はナイキの何を暴露しようとしたのか、という点。

これがわからない。

なにか、大学リーグに絡む行為であることは想像されます。

そして、これまでの『マイケル・アベナッティ』氏の仕事ぶりからして、かなりの爆弾であろうということはわかります。

まったく未知のことではありますが、とりあえず、ナイキにとって打撃になりそうなことは確かです。

というわけで、ナイキの株価が下がっています・・・

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

とりあえず、なかなか目立つ仕事の多い『マイケル・アベナッティ』氏

今後も下世話なネタでお茶の間を賑わしてくれることになるでしょう。