イーロン・マスクCEOがテスラ株の非公開化を検討

Pocket

この記事は単なるコラムです。

読んでもカネになりません。

読み飛ばしたほうがいいです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

イーロン・マスクCEOがテスラ株の非公開化を検討~空売り屋スティーブ・アイズマンやジェームズ・チェイノスはどうする?~

 

テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、テスラ株を1株420ドルで公開買い付けし、非公開化することを検討しているとのことです。

テスラのマスク氏:非公開化を検討-実現なら過去最大のLBOに

 

上場企業は市場からのチェックを常に受け続けます。ちょっとでも業績が悪ければ非難され、売り崩され、安くなった株式を大量に購入されれば経営にも影響することになります。

経営判断に大きな瑕疵があれば訴訟リスクも抱えます。重過失の判断基準がアメリカは厳しいですから、イーロン・マスク氏としては、このまま上場を維持することに魅力を感じないのだと思います。

イーロン・マスク氏はあまりアナリストや投資家との関係構築に積極的ではありませんでした。とくに最近の彼はかなり荒れていました。市場との関係構築にかなりストレスを感じていたのだと思います。

キレたマスク氏、大荒れのテスラ決算会見 アナリスト困惑WSJ

 

個人的には、非公開化できるならした方が良い、と思っていました。今回の流れは、ごく自然な方向性だと思います。

なお、このテスラモーターズ株の非公開化のための資金は既に確保しているとのことです。

UPDATE 2-テスラ、株式非公開化を検討 マスクCEO「資金は確保」

なお、この報道とは無関係とのことですが、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子のひきいるSWF(政府系ファンド/ソブリンウェルスファンド)がテスラ株を3~5%買い増ししていたそうです。

 

テスラ株(TSLA)非公開化の報道を受け、株価は10%以上の大幅上昇を記録し379.57ドルになりました。

 

なお、テスラ株は以前から空売り筋が多く売っていることで有名。

Nasdaqのサイトから以下のデータをみてもそれは明らかです。

 

発行済み株式のざっと30%程度でしょうか。かなり大量のショートポジションが積みあがっていたことがわかります。

テスラ株がLBO(レバレッジド・バイアウト/Leveraged buyout)されるとなると、これらは買戻しを余儀なくされることになります。

なお、直近でテスラモーターズ株を売っていたのが誰なのか正確なところはわかりませんが、以下の人たちは頻繁にテスラ株に弱気コメントをよこしていたように思います。

 

Short seller Jim Chanos hits back at Elon Musk for over-promising on Tesla

Big Short’s Eisman Targets Tesla for ‘Execution Problems’ (2)

 

スティーブ・アイズマン(Steve Eisman)は2008年の金融危機前にサブプライム住宅ローン問題を正確に予測したことで知られる方です。また直近では、ドイツ銀行の空売りや、ヘッジファンドの手数料減少への見通しを当てたことでも知られており、仮想通貨にも否定的な論客です。
キニコス・アソシエイツのジェームズ・チェイノス(ジム・チェイノス/James Chanos)は、2000年のエンロンの不正会計を見抜き、サブプライムローン問題においては大手格付け会社ムーディーズの問題点を指摘した方です。

 

こういった優れた知性の方々がテスラ株に弱気コメントをよこしていました。(実際にチェイノスやアイズマンが売っていたかどうかはわかりません。)

ですので、安心して提灯をつけて売っていた向きもいるのでしょう・・・カラ売り残高は常に高水準をキープしていました。

個人的に、それは危険な状態だと思います。

空売りは、つねに瞬間的にするものであり、だらだらと続けて良いものではありません。

時間をかければかけるほど、持久戦になれば持久戦になるほど、引っ張れる金額がデカい方が勝ちます。往々にしてそれは、買い方です。

今回もそれは当てはまると思います。

 

 

twitterにも書いたことですが、個人的には、イーロン・マスクの後ろ側には誰か大富豪がついているとみています。

自分の名前は表に出したくない、自分の思想の実現のためにカネを使いたい、イーロン・マスクが自分の理想の実現のために行動するのなら、資金を惜しまず提供しよう・・・そんな感覚の人がいるような気がしています。

だから、イーロン・マスクはあんなにも自信満々に、傲慢に、横暴に振る舞えるんじゃないかと思っています。彼はあくまでも実働部隊なだけなのではないか、そんなふうにみています。

 

イーロン・マスク氏は、シンギュラリティの熱心な信奉者だそうです。

個人的には、シンギュラリティは科学というよりもイデオロギー、もっというと技術崇拝の新宗教みたいに感じます。

そういったお布施的な資金が、イーロン・マスク氏のもとに流れ込んくるんじゃないか・・・そんなふうに個人的には感じます。

 

なお、上記はあくまでも個人的な意見です。だからテスラ株を買えとか、そういうものじゃありません。また、今回のLBOの提案がうまくいくかどうかもわかりません。とりあえず言えることは、テスラはちょっと今までと毛色が違いそうだぞ、ということです。一般的な尺度で推し量ろうとすると、いろいろと危険なように感じます。

以上です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!