「米国が輸入自動車に25%の追加関税か?」と独紙報道~トランプ政権内部にスパイがいる可能性~

Pocket

「米国が輸入自動車に25%の追加関税か?」と独ヴィルトシャフツ・ヴォッヘ紙報道~トランプ大統領周辺にスパイがいるかもしれない~

 

 

ロイターが、独経済誌ヴィルトシャフツ・ヴォッヘの報道を引用する形で「米政府が来週にも25%の自動車関税発動へ」と伝えています。

トランプ氏、来週にも輸入自動車関税課す可能性=独経済誌

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

このニュース、じつはすぐに商務省から否定するコメントが出されています。

ただ、個人的に一番気になったのは、この報道内容とは全く別のところです。

 

 

この独経済誌ヴィルトシャフツ・ヴォッヘの報道ですが、ソース元は欧州連合関係者の話として報じています。

この欧州連合関係者によると

「トランプ大統領の机にあった商務省の調査報告書には、カナダとメキシコを除くすべての国からの輸入車に対し25%の関税を課すよう提言されていた」

と伝えています。

 

 

!?

ちょっとまってください・・・

なんでそんなもん見ることできるのですか?

大統領の机にある書類をみることができるって???

 

 

 

変に思いませんか。

ホワイトハウスの大統領執務室に出入りできる人物がリーク元だということですよね?

それがEU高官に情報を流しているということですよね?

それをヴィルトシャフツ・ヴォッヘ紙が報道して、

さらにロイターが報じた・・・と。

 

 

たぶん、ここまでサラリと報道するからには、実際にそういった書類があったのだと思います。

商務省は否定しましたが、実際はあったはずです。

そして、この報道しているヴィルトシャフツ・ヴォッヘ紙とロイターの連中は、商務省が否定することなんて気にしちゃいません。

この連中は、この報道が正しいから報道したというよりも、トランプ大統領の周辺にスパイがいることを伝えて、疑心暗鬼にさせて攪乱させることが目的の、愉快犯なのではないか?

そんな風に思います。

 

 

たぶん、そのような書類はあったと思います。

そして、いまごろホワイトハウス内では誰がスパイなのか、徹底的に探し出そうとしていると思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

また、クビが飛ぶかもしれません。

たのしみにみておきましょう。