シンプルに考えよう3

Pocket

チャートをみるときはシンプルに考えよう

ぐちゃぐちゃわけわからん線を引く奴は下手糞

重要なのはボリュームのかたまりだ

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

まず日経平均

直近、下値を切り下げてしまったので、戻り待ちの売りを浴びやすい水準におちてしまいました。水色の線がアタマを押さえつけてきます。

アノマリー的には、4月は17年連続で外国人が買い越し(投資主体別動向)なので、「需給的には良い」と解説する方達が多いです。

新年度入り三日間の買い圧力は6000億円以上との声もあったり(本当かね?)。水色のラインを軽く上回れるようであれば、この水準で値固めに入れるかな?

(でもなんか、よわいなぁ?)

 

次にS&P500指数をみていきますが、

その前に、以前の予想(3月20日の記事)で利用した図と比較してみましょう。

 

3月27日現在、以下のようになっています。

 

 

見にくいのでUPしてみます。ついでに注釈もつけました。

・・・

・・・・

どや!?どや!?どや!?

 

予想通り、トレンドラインで反発しています。

あまりにもドンピシャに近いので気味悪いほどです。

自分でもここまで当たるとは思いませんでした。もう少しオーバーシュートしてから反発する方が自然です。

ある意味、今の相場は不自然に回っています。

それはもしかしたら、恐怖感や高揚感を感じないAIが主導しているからなのかもしれません。または、恐怖感や高揚感を感じないくらいシステマチックに売買する主体・・・たとえば自社株買いなどが下を支えているからなのかもしれません。

自分の経験上、ここまでテクニカルに忠実な動き方をするのは過去にそうありませんでした。ここ二年くらいで顕著に表れてきた傾向だと思います。あまりにも素直すぎて拍子抜けしてしまいます。裏を読むという作業がほとんど無駄に終わります。

 

図からわかることは、6月のなかば(日本のメジャーSQ)に向けてフラッグが収束するということです。

もし下に抜けるなら、4月の終わりあたりまでに大きくトレンドラインを割って動てくると思います。その際は2100くらいまでサポートはありません。

もしそういった動きにならないのなら、トレンドラインがサポートして再度上向きではないかと思っています。

 

個人的には、そろそろ暴落が楽しみなんですけどねw

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、そんな感じでみています。

ちなみに当然のことながら、この記事は特定の投資行動をお勧めするものではありません。投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。