アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)やってみた~HTML5によるAppストア課金ビジネスの限界を感じた~

Pocket

アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)やってみた~HTML5によるAppストア課金ビジネスの限界を感じた~

 

みなさん、アイドルマスターシャイニーカラーズ(略してシャニマス)というゲームはご存知ですか?

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

自分はあまりこの手のゲームはしない方なんですが、twitterでひたすら広告が流れてくるし

なんだかリツイートやファボも多いみたいなんでやってみたんです。

 

 

・・・で、びっくりしました。

最近のブラウザゲームっていうのは、ここまで表現できるんだな・・・と。

一言で言えば

アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)における、HTML5とSPINEランタイムを利用した表現技術水準の高さ

 

にびっくりしました。

ゲームの組み立て方として色々おもしろい。

育成要素と対戦要素の実装の方法もよく考えられていて、飽きさせない工夫が施されている。

ややGUI周りと課金要素がウザったいけれど、なるほど、よくできたゲームです。

ここ数作のアイマスは音ゲー要素が強かった印象ですが、そういったものは電車内などではやりにくい。

より手軽に楽しめるゲームとして、アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)の方向性はアリなんだと思いました。

 


HTML5全盛時代に、Appleの業績は大丈夫か?

 

で、同時に心配になったのがAppleの業績です。

もしも世の中のアプリがHTML5ベースでどんどん開発されていったなら、Appleの売上の1/6程度にまで成長したサービス売上は圧迫されるのではないか?ということ。

こうした動きは以前からありました。

たとえばNetflixやスポティファイなどは既にHTML5ベースに移行してAppストア課金でAppleに払うカネを減らそうと試行錯誤しています。

これに加えて、ゲームなどの分野もブラウザベースに移行していったなら、かなりAppleとしては痛いんじゃないか?と思うわけです。

サービス分野は、売上ベースでは1/6ですが、利益ベースでは他社との競合で売れ行きを落としているiPhone販売などより利益率が高いことが想定されます。

そこが利益率を下げることになったら辛いのではないか、そう思うわけです。

 

 

 

とりあえず、APIの開発如何によってかなりの部分がWebベースに置き換わっていくはずです。

マーケットでは

「iPhoneが売れなくてもAppストア課金とiCloudによるサービスが伸びているから大丈夫」

「Appleは成長株なのに割安」

などと解説する向きもありますが、その考えは捨て去った方がいいのではないかと思います。

囲い込みによる高利益率は長続きしない、それはずっと昔から続いてきたことです。

今のAppleは、かつてのNEC PC-98などと同じ道を歩んでいるようにみえます。

以上です。

 

関連記事

アップルショックはまだ続く?~Appleは株も端末もボッタクリ~

アップル(Apple)が売上台数の開示をしないと表明~「台数に意味はない」とルカ・マエストリCFOは言うが、それを判断するのは投資家だ~

18/6/9午後 Appleが新型iPhoneの出荷台数を2割削減か?影響の及ぶ企業は?

アップルのiPhone、ドイツでも販売停止処分~クアルコムとの特許問題

【Parm Pre/電源】クアルコムとアップルのiPhone特許訴訟問題

中国がiPhoneの販売を禁止か~旧型機種におけるクアルコムの特許侵害を認める~

アップルがiPhone XRの生産を2/3に縮小するよう要請か?

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

iPhoneの利益率は低下中~一番稼いでいたのはiPhone 3GSか?

iPhoneXRの売れ行きが悪化か?アップルが生産委託先にライン増設凍結を指示