ジェフリー・アッベン(Jeffrey Ubben)率いるバリューアクト・キャピタル(ValueAct Capital)がオリンパスに役員派遣

Pocket

ジェフリー・アッベン氏(Jeffrey Williams Ubben)率いるアクティビストファンド・バリューアクトキャピタル( ValueAct Capital ) がオリンパスに役員を派遣

Microsoft、ロールスロイス、21世紀フォックス、モルガンスタンレー、コールバーグ・クラビス・ロバーツKKR、レゴランドのマーリンなどの株式を保有する大手アクティビストのバリューアクト・キャピタルがオリンパスにも取締役を派遣します。

米国の大手アクティビストファンド、バリューアクト・キャピタル(ValueAct Capital)がオリンパスに役員を派遣するということです。

US fund ValueAct forces Olympus to appoint 3 foreign directors

この報道を受けてオリンパス株は10%高。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

この国の企業に今いちばんなにが足りていないのかを如実に表すような株式市場の動きとなりました。

 

 

バリューアクト・キャピタル(ValueAct Capital)からオリンパスが受け入れるのは、ロバート・ヘイル氏(Robert Hale)

オリンパスがバリューアクト・キャピタルValueAct Capitalから受け入れる取締役は、ロバート・ヘイル氏Robert Haleということです。

経歴をみますと、

D. ROBERT HALEはValueAct Capitalのパートナー格

Bausch Health Companies Inc.の取締役およびMSCI、Inc.の元取締役

バリューアクトキャピタルに参加する前は、The Parthenon Groupのプリンシパルを務めていたとのこと。

EYパルテノンでロングショート型エクイティビークルの投資業務を担当。

ダートマスカレッジで A.B., cum laude(上位10%くらい?)の成績だったとのこと。

オリンパスが採用したくても採用できないような人がぽんときてくれるんですから、アクティビストファンドに出資してもらうのも悪くないかもですね?w

 

 

ジェフリー・アッベン氏率いるバリューアクト・キャピタルはオリンパス株を5%以上取得

ジェフリー・アッベン氏率いるバリューアクト・キャピタルですが、6月1日にオリンパス株の大量保有が判明。

提出された大量保有報告書には

「純投資および経営陣への助言、または状況に応じて重要提案行為などを行うこと」

と書かれており、水面下で取締役受け入れを迫る動きがあったものと思われます。

 

 

 

ジェフリー・アッベン氏率いるバリューアクト・キャピタルのこれまでの投資先

ジェフリー・アッベン氏率いるバリューアクト・キャピタルはこれまでにMicrosoft、ロールスロイス、21世紀フォックス、モルガンスタンレー、コールバーグ・クラビス・ロバーツKKR、レゴランドのマーリンなどに投資を行ってきました。

その多くでしっかりと成績を上げているようです。

今回のオリンパスも、企業統治が劇的に変化するなら悪くない話だと思われます。筋が良いです。

 

 

 

バリューアクト・キャピタルによるオリンパスの再生手段は?

バリューアクト・キャピタルによるオリンパス再生のための方策がどのようなものになるのか。

それは具体的な動きが出てくるまでわかりませんが、とりあえず、ダメな事業は切り売りするんじゃないかと思います。

内視鏡事業だけに特化していけば、オリンパスは(ガバナンスはともかくとして)悪くない企業です。

あとは企業統治上のもろもろの問題は、しっかり手を付けてほしいところですね。

オリンパスは、不祥事が数年に一度はふりかかる不祥事常連企業です。

つい最近も内視鏡の汚染問題で大変な騒ぎになりましたし

中国のマフィアとのつながりのある企業への資金提供(イザコザ解決への見返り?)なども問題になり、

さらには労基問題やらなにやらごちゃごちゃと、探せばいくらでも問題が見つかりそうな会社、それがオリンパスです。

長期ファンドのなかにも、ここまでガバナンスがグダグダだと、とてもじゃないけど投資対象にならない、とみていた向きが多いと思います。

今回のバリューアクト・キャピタルによる取締役派遣は、そういった向きからみたら悪くない話だと思います。

 

とりあえず、黒船に期待するとしましょう。

以上です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!