【統計】2019年2月鉱工業生産指数 在庫指数ヒートマップ(季節調整済み)

Pocket

【統計】2019年2月鉱工業生産指数 在庫指数ヒートマップ(季節調整済み)

このデータは直近12カ月の在庫を対前年比で比較し百分率でヒートマップ化したものです。

使用しているデータは経済産業省の鉱工業生産速報値品目別季節調整済み指数です。(今月から季節調整済みに変更しました。)

 

出荷指数⇒【統計】2019年2月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)

 

前月までの鉱工業生産指数

【統計】2019年1月鉱工業生産指数在庫指数速報 季節調整済みヒートマップ

【統計】2019年1月鉱工業生産指数 出荷指数ヒートマップ(季節調整済み)


鉱工業指数、2015年=100
季節調整済指数原指数
指数前月比指数前年同月比
生産
(前月値)
102.5
(101.1)
1.4
(-3.4)
100.1
(96.1)
-1.0
(0.3)
出荷
(前月値)
101.6
(99.8)
1.8
(-3.4)
99.7
(95.0)
-0.3
(-0.4)
在庫
(前月値)
102.2
(101.7)
0.5
(-1.4)
103.7
(103.7)
1.4
(1.3)
在庫率
(前月値)
106.2
(106.4)
-0.2
(-1.1)
110.1
(113.8)
2.0
(-3.0)

 

在庫状況は品別に大きく状況が異なっている。

全体で見ればゆるやかな在庫の増加だが、中身を見ると異常なほどの増加となっている部分がある。

これらが将来の需要を見越してのものならわかるが、どうも疑問がある。

具体的には住宅設備や液晶大型パネルなど。

当てが外れてしまっているのではないか。

逆に、化粧品などはアテがあっての在庫状況にみえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!