トランプ大統領がサウジを庇いきれなくなった件

Pocket

トランプ大統領、サウジを庇うの諦める。議会に制裁内容を纏めさせる方針

 

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

トランプ大統領、ジャマル・カショギ氏殺害事件をめぐりサウジへの制裁を議会に委ねると記者団に発言

Trump takes steps to punish Saudi Arabia

“In terms of what we ultimately do, I’m going to leave it very much — in conjunction with me — I’m going to leave it up to Congress,”

非常にまだるっこしい言い回しをしていますが、ようするに、

「サウジへ最終的になにをするかは議会に任せるよ。でも自分と一緒に連携するかたちでやってね」

みたいな感じでしょうか。

さらに続けて、どんな制裁を科すかについては超党派の勧告をしてほしいとも言っています。

ようするに

 

トランプ大統領はサウジ(のムハンマド皇太子)を庇うのを諦めた

ということです。

米英はサウジを庇えるか?ジャマル・カショギ氏殺害事件

↑のような記事を以前書きましたが、やっぱり、庇いきれませんでした。

 

そりゃそうでしょう、無理ですよ。

今回の件、舐めたらいけません。

 

基本的に、アメリカの議会は常にサウジに対して疑念を持っています。あまりいい印象を持っていない。

それをどうにか宥めてきたのは、時の政権です。

今回、このバランスが完全に壊れています。

議会の騒ぎっぷりが半端ない。

すでにイエメン内戦への介入を批判してきた議員たち(とくに上院外交委員会のボブ・コーカーなど)はムハンマド皇太子への非難のトーンを最大限に引き上げてますし、

リンゼー・グラム上院議員やマルコ・ルビオ上院議員も、いつも通りの目立ちたがりアピールしまくってます。これはひとつにはトランプ大統領への当てこすりもありそうですが。

 

 

とりあえず、サウジへの制裁はこのままでは実行されます。

これを回避するためには、たぶん

ムハンマド皇太子の追放

 

くらいしかないように思います。

トランプ政権、いよいよムハンマド皇太子を切り捨てか~ムニューチン財務長官、砂漠のダボス会議出席せず~

 

上院は、ガチめにこれを要求すると思います。

他国の王位継承へあからさまに介入しようとすると思います。

サウジアラビアはこれに対して、果たして本当に100ドル、200ドルと原油価格を引き上げるつもりでしょうか?

サウジアラビアが石油輸出禁止措置を検討か~記者殺害事件めぐる制裁措置を牽制

 

個人的には、それはないと思っています。

サルマン国王も、さすがに今回の件がやりすぎだったことはわかっています。

正直、困っている・・・アメリカと手打ちするでしょう。

ムハンマド皇太子の追放は十分にありえる、と思います。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

以上