やっぱり思った通りだった件\(^o^)/

Pocket

やっぱり思った通りだった件~しっぽが胴体を振り回す展開くるか?

相変わらず、Amazonとソフトバンクには要注意

 

 

10月11日に書いたこちらの記事で

10月10日米国株式市場急落を受けた当面の見通し~ソフトバンクとアマゾンに注目

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

 

 

目先、動きに勢いがあるためすぐには下げ止まりそうにない。
非常に強い下値支持線(蛍光緑)があるにはあるが、そこは軽く割ってきそうである。
前回2月の急落局面と同じくらい下げるとすると、紺色の水準まで押すことになる。
が、そこまで下がると、今度は蛍光緑のトレンドラインが上値として意識されやすい。

今後みるべきはAMZNの動向。明らかにファンダからみたら買われ過ぎであり、
崩れたときのサポートがほとんどない。
これが主導するようだと、前回安値を割って明確な世界同時株安局面となる。

そして、しっぽが胴体を振り回す展開になる可能性が高い。

 

 

 

と書きました。

どや!?

あたった\(^o^)/

 

 

 

まぁ、当たって当然みたいな相場だったんで、そんなドヤ顔するほどのものじゃありません。

重要なのはこのあと。

しっぽが胴体を振り回す展開くるか?

 

 

ということ。

株価は経済を反映する鏡と言われますが、同時に、株価が経済を動かすこともあります。

とくにETFへの投資が膨らんでいる状態ではなおさらです。

【VYM】シーゲル流投資家に人気のバンガード米国高配当株式ETF

バフェットもおすすめするVOOは経費率最安のS&P500指数連動ETF

IVVは経費率最安水準のS&P500指数連動ETF

 

 

とりあえず、2月の急落と同じだけ動くなら2596が下値支持ということになります。

この程度であれば想定内でしょう。

問題は、これ以上さがるかどうか?

 

 

個人的には、その可能性もあると思っています。

特に、バリュエーションの高すぎる銘柄、Amazonなどの動向でしょう。

また、IPOバブルで潤っていた銘柄が誘爆するリスクにも注意が必要。

とりあえず、ここらへんの見通しは以前から変化なしです。

 

スタートアップバブル・ユニコーンバブルの崩壊に注意~アリババ、ソフトバンクからみえること~

 

 

2月の急落の時点では、景気後退へのリスクは見えていない人が多かったと思いますが、ここもと出てきた統計と決算で、循環的な景気後退が見えてきています。

ただ、すでにかなり多くの銘柄はすでに下落傾向を示しており、これらの銘柄は下げてもタカが知れている。

問題はGAAFAとかFAANGなどといわれる銘柄。

これらのうち、特に割高なAMZNやNFLXなどがどうなるか。

IPO市場が冷え込んだときのソフトバンクの財務への問題。

とくにソフトバンクはサウジ、ムハンマド皇太子との関係も問題です。

サウジへの金融制裁の可能性でソフトバンクの株価が暴落中~PIFとSVFへの波及が焦点

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

とりあえずここらへんがポイントだと思います。

以上。