電磁パルス(EMP)攻撃によって証券会社の電子データ喪失はおきるか?

Pocket

こんばんは、中卒くんです。

 

中卒くんは田舎者です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

日本のなかの日本らしくないところに住んでいます。

北朝鮮と核戦争になっても、まさかこんな僻地にはミサイルは飛んでこないはずです。

こんな田舎にまでミサイルを飛ばしてたら阿呆です・・・

 

 

で、まぁそんなわけで核ミサイルの直撃はないと思うのですけど、問題は

 

高高度核爆発による電磁パルス攻撃、EMP攻撃

 

です。

これは怖いですね。

一発炸裂しただけで、日本列島が北から南まで原始時代に逆戻りするらしい・・・大きなサージが流れて、電子機器が壊れてしまうそうです。

 

 

証券会社のデータもたぶんふっ飛びますよね?

 

 

生活のほぼすべてを相場からの収入に頼っている俺にとっては死活問題です。

今まではSBI証券や楽天証券でも外国株を購入していましたが、それらの資産はインタラクティブブローカーズ証券などの外資系にどんどん移しています。(移すといっても国内証券同士以外の移管は受け付けていないので、いちいち現金化して銀行からワイヤ決済で送ることになりますが・・・)

 

日本の証券会社は、外国株に関しては混蔵所有しているはずです。つまり、国内のデータベースがEMP攻撃で消えてしまった場合、誰にいくらを割り振ればいいのかわからなくなるのではないか、と疑っています。日本株のトレーディング用口座としては引き続き利用しますが、外国株はすなおに外国証券を使うことにします。資金の移動が非常に面倒くさいし為替取引や手数料が勿体ないですが、いざという時に泣かないためにも必要な作業だと思ってちまちまやっています。

 

ようやく二億ちょっとは移動できました。

 

 

 

まだまだ移動する必要があります・・・

 

 

ネット証券以外のぶんもコツコツ動かしていきます。日本の証券会社に関しては、取引報告書等を電子書面ではなく郵送で送付するように設定しています。いざという時に資産の保有を証明するためです。

 

 

みなさんは、戦争に向けてどんな対策をとっていますか?

 

 

俺は、木炭コンロやオガ炭、カセットコンロやミネラルウォーター、非常食を半年分以上は確保しています。ほんとうです。周りからはパラノイア扱いされますが、いくら馬鹿にされてもかまいません・・・いざという時のために対応しておくことは家族に対しての義務だと思っています。

 

相場でも実生活でもそうですが、

他人任せにしない態度はぜったいに必要です。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

by中卒くん