テンセントとネットイースのゲームがようやく中国当局に認可されたが・・・

Pocket

中国当局によるテンセントやネットイースのゲームへの規制に変化の兆しだが・・・

 

今回もフォートナイトやPUBGは認可されず~テンセントやネットイースへのゲーム規制

昨年4月に急遽はじまり、業界を震撼させてきた中国当局によるゲーム表現への規制強化。

中国がゲーム規制を強化へ~テンセントやネットイースには悪影響の可能性~

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

テンセント配給の中国版モンスターハンターワールドが配信停止~WeGameの展開に黄信号か~

この基準強化を徹底するため4月から12月半ばまで、一切のゲーム認可作業が止まり、中国では新たなゲームを発表して収益化することができなくなりました。

これによりテンセントなど、ゲームを収益の中心に据えてきた企業の業績の伸びが鈍化。

株式市場でも20兆円?規模の時価総額が吹き飛び、他社もあわせれば30兆円以上の時価総額への影響が出たと思われます。

これらの暴落により損失を被った投資家は消費なども落ち込み、中国の裏デレバレッジとも言える状況に繋がりました。

 

 

ようやく昨年12月から新たな認定開始だが、テンセントやネットイースのゲームは認可されず

ようやく昨年12月からは当局の態勢も整い、ゲームの認証が開始されました。

中国国家広播電視総局によるゲーム審査、ようやく再開でテンセントなどゲーム関連株が上昇

が、いつまでたってもテンセントやネットイースのゲームは認可を通過したものが出てこない。

「テンセントやネットイースは中国当局に嫌われているんじゃないか?」

という噂さえ流れる状況でした。

中国政府がゲーム認可第二弾を実施も、またもやテンセントなど排除される~大きくなったらゲームはやめようということ?~

中国がゲームの許認可作業を再開~しかしテンセントのゲームは一本も入っていない~背景に役人の嫉妬心?

とりあえず、こうした状況は変化を見せてきています。

 

 

 

テンセントとネットイースのゲームは認可された・・・しかし・・・

今回、テンセントとネットイースが当局に嫌われているのではないか?

という懸念は払しょくされたかもしれません。

ようやく、4回目の登録作業により、両社のゲームは当局の認可リストに入りました。

しかし・・・

 

 

 

テンセントとネットイースのゲーム、当局に認可されたのはお行儀のいいゲームのみ

ようやく当局のお墨付きを得られたテンセントとネットイースですが、選ばれたのはフォートナイトやPUBGなどではなく、とてもお行儀のいいゲームだそうです。

『Fortnite(フォートナイト)』の中国展開に暗雲~テンセントまたもやゲーム認可おりず

具体的には、Wood JointsとFolding Fanというゲームで

「中国の伝統的な建築や職人の技を学べる内容」

のものだとのことw

Tencent gets China nod for two mobile games, but not for blockbusters

さすがですね、中国政府。

 

今後もこの調子が続くような、中国国内ではゲーム産業は衰退することでしょう。

むしろ、ゲーム産業の衰退こそが中国共産党の目的かもしれません。

中国共産党にとって、ゲーム中毒は麻薬中毒と同じくらい忌むべきものなのかもしれません。

テンセントがネクソン親会社の買収を検討か?~Maple Story 2など展開加速?

インドのフードデリバリー『Swiggy』にテンセントが出資~総額10億ドルのシリーズHラウンド~

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

以上。