インドのフードデリバリー『Swiggy』にテンセントが出資~総額10億ドルのシリーズHラウンド~

Pocket

インドのフードデリバリー『Swiggy』にテンセントが出資

 

インドのフードデリバリー『Swiggy』が総額10億ドルのシリーズHラウンド資金調達を実施~Naspersが主導してテンセントなども出資

インドのフードデリバリーサービス大手『Swiggy』が総額10億ドルの資金調達を実施したそうです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

Indian food delivery startup Swiggy raises US$1B investment led by Naspers

金額は総額10億ドル規模。

主導したのはテンセントの大株主でもあるナスパース(Naspers)で、DSTグローバル、美団点評、Coatue Management、テンセント、ヒルハウス、ウェリントンマネージメントなどが応じたとのこと。

これまでのSwiggyの調達がくは12.6億ドル

インドのフードデリバリー事業においては最大規模となっています。

 

 

 

テンセントが出資した『Swiggy』とは?

テンセントが出資した『Swiggy』は、2014年創業で50以上の都市に50000以上の提携先を持つフードデリバリー企業です。

『Swiggy』への出資者は、上記テンセントやナスパースのほかにAccel IndiaSAIF Partners IndiaBessemer Venture Partners、Harmony Partners、Norwest Venture Partnersなどが並んでいるとのことです。

 

 

シリーズHラウンドまで調達しても上場しない『Swiggy』

今回なかなか異質に感じるのは、『Swiggy』がシリーズHラウンドまで資金調達を続けているということです。

本来ならせいぜいシリーズDくらいでやめておくと思うんですが、シリーズHまでやるということは、よほど資金が足りないのでは・・・という感じがします。

というか、上場したいけどできる環境じゃなくなっちゃった・・・ということでしょうか。

いろいろと苦しい状況に向かっているように感じますが、どうなんでしょうか。

 

 

 

個人的には、こうしたユニコーンへの投資が、2018年央にかけてのバブルの中心にあったと感じてきました。

昨今、上場できずにだらだら資金調達をし続けるユニコーン企業が多いですが、この調子でいったら、いずれこれらは息継ぎできなくなるのではないか、と思っています。

スタートアップバブル・ユニコーンバブルの崩壊に注意~アリババ、ソフトバンクからみえること~ 10月11日

Bricksとかユニコーンとか、名前がついたらブームおわりだと思った方がいいという話 8月27日

中国旅行サイト「同程芸龍」のIPO規模が1/4以下に 11月14日

国際会計基準IFRS見直しで「のれんの償却費用計上義務化」を検討~ソフトバンクは大丈夫か? 9月14日

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、今後の展開を楽しみにみていきましょう。