【統計】産業別雇用者数の推移からみる日本経済の問題点~低所得な介護・飲食などが増

Pocket

【統計】産業別雇用者数の推移からみる日本経済の問題点

 

産業別雇用者数の推移

以下は産業別雇用者数の推移をグラフ化したものです。

なお、日本産業分類の変更があったため、これ以前のデータは以後との接続が難しく、比較していません。

興味のあるかたは総務省統計局でみることができますので、そちらでご確認ください。

また、2019年のデータは3月のデータをそのまま利用しています。

年度平均とは微妙に異なることをご了承ください。

 

元データです。

建設業製造業情報通信業運輸業,郵便業卸売業,小売業金融業,保険業不動産業,物品賃貸業学術研究,専門・技術サービス業宿泊業,飲食サービス業生活関連サービス業,娯楽業教育,学習支援業医療,福祉複合サービス事業サービス業(他に分類されないもの)公務
200843910841823279441599814930017825956756443225
200942510241863359391619714730718326259152421225
201040810081893389471589615131518226362445416223
20114109981843369501579916031418426764743415222
20124129811813269401599815731118426767747418224
20134099911843279591609815832118727370655357229
201441299019532396414910116332418027472757356235
201540998820132396615010716632517627875359366231
201640399920032797616011117133417928277861373231
2017407100620332898816511217633818128978657385229
2018410101421033099316111618536018529680256396232
2019412101121432699415411617136018230080857406244

 

 

産業別雇用者数の推移からみえること

産業別雇用者数の推移から何が言えるか・・・

 

単純に言ってしまえば、低賃金労働な仕事に就く人が増えているということです。

とくに医療福祉関連と、宿泊業・飲食サービス業の雇用者が増えています。

どちらも低賃金労働で大変な仕事として有名です。

そもそもにおいて事業者は高いマージンを得られていないので、賃金をたくさん払うわけにもいかない、そんな事業です。

 

 

一方で、大量の人員を抱えてきた製造業は、かつてほどの雇用の受け皿になっていません。

製造業は一般的に好待遇で高賃金ですから、その雇用が落ちていくというのは、内需にも大きな影響になります。

 

雇用が増えている、景気が良い証拠だ。

・・・とは単純にはいえない状況にあります。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず以上です。