貿易統計2018年5月分 化学製品の最終需要家には受難の季節

Pocket

貿易統計2018年5月分 原粗油輸入増加で大幅赤字

 

財務省関税局より貿易統計2018年5月分が発表されました。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   
輸 出6,323,3245,851,6168.1
輸 入6,901,6456,056,01514.0
差 引△578,321△204,399182.9

 

輸出入ともに増えましたが、とくに輸入の大幅増加によって三か月ぶりの赤字に転落しています。

 

輸出品目の増加寄与度上位は

品名数量伸率金額伸率
 自動車8.27.1
 半導体等製造装置18.623.4
 自動車の部分品7.510.4
 鉄鋼0.87.8
 非鉄金属11.823.7
 半導体等電子部品8.4
 電気計測機器19.7
 プラスチック2.29.2

自動車は寄与度上位だが、かつてほどの勢いがない。鉄鋼、電子部品、プラスチック(高機能プラ)なども一頃の勢いはない。

半導体製造装置と電気計測機器は好調。

ちなみにリスト外では、建設用鉱山用機械、加熱用冷却用機器、繊維機械、紙類紙製品、電池などが金額ベースで二けた増となっている。

建機はコマツと日立建機、加熱冷却は不明、繊維機械は島精機、紙パルプは日本製紙と王子製紙、電池はパナソニックあたりが関連か?

 

 

逆に減少寄与度上位は

品名数量伸率金額伸率
 科学光学機器-3.8
 船舶1.8-44.4

特に船舶のマイナス寄与度が大きく-1.1となっている。これが輸出の下押し圧力になっている。

 

 

 

つぎに輸入品目の増加寄与度上位は

品名数量伸率金額伸率
 原油及び粗油0.428.6
 航空機類264.4
 液化天然ガス2.713.1
 医薬品3.517.8
 非鉄金属鉱43.730.6
 石油製品26.9
 有機化合物21.7
 非鉄金属10.420.8
 衣類・同付属品13.4
 石炭9.212.8
 半導体等電子部品10.9

原粗油、液化天然ガスLNG、石油製品の輸入が際立っている。これらを原料とする有機化合物、医薬品も恒常的に上昇している。

非鉄金属鉱も国内精錬の増加で右肩上がり。

また、特別要因として航空機の輸入もこの月は多かった。

 

 

国別に貿易黒字額上位をみると、以下のようになっている。

輸出価額伸率輸入価額伸率差引価額伸率
 アメリカ合衆国1,145,8915.8805,18619.9340,705-17.3
 香港283,904-4.610,6740.7273,230-4.8
 大韓民国463,132-0.6291,07112.7172,061-17.1
 シンガポール224,06211.591,37916.9132,6838.1
 台湾374,99412.5249,36412.2125,63012.9
 オランダ113,08216.723,29627.189,78614.2
 メキシコ105,3284.250,91817.154,410-5.5
 タイ273,34310.6227,1306.946,21333.1
 インド96,15532.953,3877.842,76887.4
 英国116,243-8.174,05616.342,187-32.8

圧倒的にアメリカへの輸出が大きいことがわかるが、東アジア、東南アジア、中米、欧州とそこそこ満遍なく貿易で稼いでいることがわかる。この点が、中国などと日本が異なる点である。

 

 

 

国別に貿易赤字額上位をみると以下のようになっている。

輸出価額伸率輸入価額伸率差引価額伸率
 中華人民共和国1,272,29713.91,552,5058.6-280,208-10.4
 サウジアラビア26,9256299,60934.6-272,68438.3
 オーストラリア157,57428.1417,06621.1-259,49217.3
 アラブ首長国連邦66,91129.3223,47213.7-156,5618.1
 カタール8,3871.1131,77561.1-123,38867.9
 インドネシア114,094-0.3197,73914.5-83,64543.8
 イタリア40,471-54121,67622.3-81,205598.7
 ロシア60,9482.4134,413-8-73,465-15.2
 ドイツ170,2237.3238,51311-68,29021.6
 アイルランド9,72323.772,93736.1-63,21438.3

中国は香港と合わせてみる必要がある。実際には日本と中国との貿易関係はほぼ差し引きゼロの状態。

実際の貿易赤字は、サウジアラビア、UAE、カタールなど中東各国にたいしてのものが大きい。これは原粗油および化学製品などの輸入によるもの。

 

 

とりあえず、5月の貿易統計からいえることは、交易条件がかなり悪化しつつあるはず、ということ。夏から秋にかけてマージン悪化で業績を落とすところが出てくるはず。とくに化学製品の最終的な需要家は厳しいんじゃなかろうか、と思う。たとえば容器やカーペット業界などはこういう環境ではボロボロな決算を出しやすい。具体的なことは言わないが(小粒すぎるので)、そういった銘柄が下げ始めたら、売りで入るのも一興かもしれない。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

以上。