SPYは一番古いS&P500指数連動ETF~米国株ETFの先駆け的存在

Pocket

【SPY】SPDR S&P500 ETFトラストは米国株ETFで一番手、老舗の指数連動型上場投資信託

今回はS&P500種株価指数連動型の上場型投資信託であるSPDR S&P500 ETFトラスト(SPDR S&P 500 ETF Trust)、ティッカーコードSPYについてみていきます。

 

指数連動型投資信託にはいろいろな種類がありますが、SPYは米国の代表的な株価指標であるS&P500種株価指数に連動するように組成されたインデックス投信となります。

しかも上場型投信ETFですので、店頭販売のインデックス投信と異なり手数料も非常に割安に売買できる商品となっています。

投資の神様として崇められるウォーレン・バフェットも、あまり金融関連の知識のない妻にはS&P500に連動する上場型投資信託ETFを購入するように勧めるとのことで、米国株初心者にもオススメな商品となっています。

 

SPYは正式名を「SPDR S&P500 ETFトラスト(SPDR S&P 500 ETF Trust)」といいます。

SPYはステートストリート銀(State Street Bank and Trust Company)が運営している米国株ETFです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

SPYの設定日は1993年1月22日と非常に古くから運営されており、信用と実績のあるS&P500種連動インデックスファンドとなっています。

 

 

そのぶん、後発のIVVやVOOなど同様の米国株ETFに比べてSPYは経費率(運用手数料の比率)がやや高く、0.0945%となっています。

IVVやVOOなどは0.04%なのでSPYは2倍超の経費率・・・

経費率は長く保有し続けたときには大きな影響を及ぼしますから、こういった点からSPYを避けてIVVやVOOを選ぶ人は多いです。

とはいえ、0.095%というのは100万円の投資で950円ということです。

この程度の経費率の差であれば問題ないと考える投資家は多く、とくに取引の厚みを重視する投資家や、古くからの連続性を気にする投資家にはSPYは人気の商品となっています。

 

 

 

なお、指数連動型投資信託(インデックスファンド)には上場型と店頭販売型のファンドがありますが、SPYは上場型の指数連動型インデックス投資信託になります。

インデックスファンド(指数連動型ファンド)には、大まかにいって店頭販売向けのものと、上場型のものがありまして、SPYは後者の上場型投資信託ETFとなります。

上場型投資信託ETFのいいところは、その手数料の安さにあります。

一般的に、証券会社や銀行窓販などで販売される窓販投資信託は手数料が高いのです。

これは、説明などに時間がかかること、店舗を持つ必要性などから設備にお金がかかり、そのぶんのコストを顧客に転嫁しなくてはならないためです。

しかしSPYなどのような上場型投資信託ETFであればそういったコストはほぼ一切かかりません。

ですから、SPYなどではそのコスト分を手数料の引き下げ、経費率の引き下げに回せているというわけです。

注文する側としても、SPYのような上場型投信であればイチイチ担当者と話しながら注文する必要がありませんから、その点、気が楽です。SPYならネットから注文一発でおしまいです。

ただ売ったり買ったり注文するだけなのに、いちいち担当と話さなくてはならなかった昔は本当にダルかったです。いまはいい時代になりました。。。

 

 

 

なお、先ほども書きましたが、SPYは米国の代表的株価指数、S&P500種株価指数に連動するよう組成されています。

よって、SPYの構成銘柄はS&P500と基本的には一致したものが並んでいます。

以下がSPYの組み入れ上位銘柄のリストです。

(2018年10月5日)

銘柄ID銘柄名ウエイト業種
AAPLApple Inc.4.223237情報技術
MSFTMicrosoft Corporation3.530641情報技術
AMZNAmazon.com Inc.3.179495一般消費財・サービス
BRK.BBerkshire Hathaway Inc. Class B1.756937金融
JPMJPMorgan Chase & Co.1.581646金融
FBFacebook Inc. Class A1.558102コミュニケーション・サービス
JNJJohnson & Johnson1.532340ヘルスケア
XOMExxon Mobil Corporation1.483639エネルギー
GOOGAlphabet Inc. Class C1.463369コミュニケーション・サービス
GOOGLAlphabet Inc. Class A1.433421コミュニケーション・サービス
BACBank of America Corp1.152916金融
PFEPfizer Inc.1.081061ヘルスケア
UNHUnitedHealth Group Incorporated1.063938ヘルスケア
VVisa Inc. Class A1.060344情報技術
TAT&T Inc.1.013566コミュニケーション・サービス
CVXChevron Corporation0.986139エネルギー
WFCWells Fargo & Company0.946610金融
VZVerizon Communications Inc.0.932152コミュニケーション・サービス
HDHome Depot Inc.0.922555一般消費財・サービス
CSCOCisco Systems Inc.0.903218情報技術
INTCIntel Corporation0.890380情報技術
BABoeing Company0.847714資本財・サービス
PGProcter & Gamble Company0.839587生活必需品
MAMastercard Incorporated Class A0.798622情報技術
MRKMerck & Co. Inc.0.775615ヘルスケア
CCitigroup Inc.0.748285金融
KOCoca-Cola Company0.721102生活必需品
DISWalt Disney Company0.700963コミュニケーション・サービス
NVDANVIDIA Corporation0.673734情報技術
CMCSAComcast Corporation Class A0.648167コミュニケーション・サービス
NFLXNetflix Inc.0.628246コミュニケーション・サービス
PEPPepsiCo Inc.0.618433生活必需品
DWDPDowDuPont Inc.0.598918素材
ABBVAbbVie Inc.0.586850ヘルスケア
ORCLOracle Corporation0.572519情報技術
IBMInternational Business Machines Corporation0.558887情報技術
WMTWalmart Inc.0.550765生活必需品
AMGNAmgen Inc.0.542105ヘルスケア
MDTMedtronic plc0.538849ヘルスケア
PMPhilip Morris International Inc.0.536828生活必需品
MCDMcDonald’s Corporation0.530571一般消費財・サービス
ADBEAdobe Systems Incorporated0.529339情報技術
ABTAbbott Laboratories0.515642ヘルスケア
MMM3M Company0.513480資本財・サービス
HONHoneywell International Inc.0.501735資本財・サービス
UNPUnion Pacific Corporation0.497082資本財・サービス
CRMsalesforce.com inc.0.482119情報技術
MOAltria Group Inc0.479763生活必需品
GEGeneral Electric Company0.470366資本財・サービス
LLYEli Lilly and Company0.451449ヘルスケア
ACNAccenture Plc Class A0.449559情報技術
AVGOBroadcom Inc.0.433182情報技術
UTXUnited Technologies Corporation0.429490資本財・サービス
NKENIKE Inc. Class B0.421266一般消費財・サービス
BMYBristol-Myers Squibb Company0.418196ヘルスケア
TXNTexas Instruments Incorporated0.413232情報技術
QCOMQUALCOMM Incorporated0.411245情報技術
GILDGilead Sciences Inc.0.406057ヘルスケア
PYPLPayPal Holdings Inc0.404495情報技術
TMOThermo Fisher Scientific Inc.0.398094ヘルスケア
COSTCostco Wholesale Corporation0.394043生活必需品
COPConocoPhillips0.374433エネルギー
CATCaterpillar Inc.0.374324資本財・サービス
BKNGBooking Holdings Inc.0.371095一般消費財・サービス
LOWLowe’s Companies Inc.0.365411一般消費財・サービス
SLBSchlumberger NV0.358058エネルギー
LMTLockheed Martin Corporation0.352212資本財・サービス
USBU.S. Bancorp0.336220金融
UPSUnited Parcel Service Inc. Class B0.333822資本財・サービス
NEENextEra Energy Inc.0.333804公益事業
CVSCVS Health Corporation0.328877ヘルスケア
GSGoldman Sachs Group Inc.0.325417金融
EOGEOG Resources Inc.0.311687エネルギー
AXPAmerican Express Company0.310859金融
SBUXStarbucks Corporation0.308831一般消費財・サービス
ANTMAnthem Inc.0.294575ヘルスケア
TJXTJX Companies Inc0.283604一般消費財・サービス
BIIBBiogen Inc.0.282847ヘルスケア
BDXBecton Dickinson and Company0.278815ヘルスケア
AETAetna Inc.0.273628ヘルスケア
ADPAutomatic Data Processing Inc.0.271645情報技術
DHRDanaher Corporation0.270508ヘルスケア
PNCPNC Financial Services Group Inc.0.264069金融
AMTAmerican Tower Corporation0.261069不動産
ISRGIntuitive Surgical Inc.0.256278ヘルスケア
CBChubb Limited0.255769金融
MDLZMondelez International Inc. Class A0.255542生活必需品
OXYOccidental Petroleum Corporation0.254565エネルギー
MSMorgan Stanley0.254492金融
SCHWCharles Schwab Corporation0.254188金融
CMECME Group Inc. Class A0.254107金融
WBAWalgreens Boots Alliance Inc0.252534生活必需品
CELGCelgene Corporation0.252019ヘルスケア
CSXCSX Corporation0.249594資本財・サービス
ATVIActivision Blizzard Inc.0.249167コミュニケーション・サービス
AGNAllergan plc0.249032ヘルスケア
RTNRaytheon Company0.242540資本財・サービス
DUKDuke Energy Corporation0.238138公益事業
BLKBlackRock Inc.0.237091金融
FDXFedEx Corporation0.236991資本財・サービス

SPYの組み入れ上位銘柄は、基本的にS&P500の構成銘柄と同じ銘柄、そして同じ比率になっています。

SPYが参照にしているS&P500指数の上位組み入れ銘柄のリストはこの数十年で目まぐるしく変化してきました。

アメリカは基本、新陳代謝の激しい経済です。

今日トップの企業が、10年後には6位とか7位とかになっていても不思議ではありません。

たとえばかつて、サブプライムローン危機前などではモルガンスタンレーやゴールドマンサックスなどがSPYの上位銘柄に来ていましたが、今ではそれらは下の方です。

アマゾンドットコムやGoogleの親会社アルファベットなどは20年前にはまだベンチャー企業でしたから、SPYの対象にも入っていませんでした。それが今ではSPYの上位組み入れ銘柄です。

 

ようするに、SPYの参照しているS&P500指数というのは、そういった浮沈をすべてふくめて、アメリカの大企業全体の利益成長から利益を得ることを目的にしたインデックスファンドということになります。

 

 

 

SPYの組み入れ銘柄をセクターべつにみると以下のようになります。

(2018年10月5日現在)

 

 

S&P500種株価指数に連動するように作られたSPYですから、S&P500と同様のセクター別ウェイトとなっています。

SPYの組み入れ銘柄は、時代を映して情報技術、ヘルスケアなどが上位にきています。

かつてSPYの上位に来ていたエネルギーはすでに6%にまで下がっています。(エクソンモービルが世界一の時価総額だった時代もありました。)

 

 

 

 

SPYのファンド詳細

名称SPDR S&P 500 ETF
ティッカーSPY
ベンチマークS&P500指数
指数構成銘柄数505銘柄
設定日1993/1/22
取引所NYSE アーカ
純資産総額(百万)279315.93
取引高(2018年10月4日)18826087
分配金利回り0.0176
株価純資産倍率(PBR)3.31
株価収益率(PER)18.07
経費率(%)0.0945

 

VOOやIVVに比べてSPYの株価純資産倍率、株価収益率が低く表示されていますが、これはきっと次の年度などの予想収益率などを出しているのだと思われます。

VOOやIVVとSPYは基本的にほぼ同じ、ベンチマークに連動するインデックス商品ですので、ここまで大きく違いが出るはずがありません。

IVVは経費率最安水準のS&P500指数連動ETF

バフェットもおすすめするVOOは経費率最安のS&P500指数連動ETF

 

 

 

SPYは米国株ETFのなかでも代表的な銘柄であり、一番古くからS&P500指数連動型上場投資信託ETFを販売してきたという実績もあり、人気のインデックスファンドとなっています。

SPYの売買代金は非常に多く、自分の売買によって大きく値が飛んでしまうようなリスクは非常に低くなっています。

またSPYは、個別株のようにストップ安やストップ高が基本的にはありませんから、売りたくても売れない、買いたくても買えない、といったリスクはほとんどないと言われています。

そのため、SPYは外国株初心者の方にも人気で、定収入のあるサラリーマンや公務員の方などのなかには、ボーナスや給料でコツコツと積立式に買い増して行くような堅実な投資家も多くいます。

また、コンプライアンス上、個別株投資ができない職業の方でもインデックスファンドであれば許されている場合があり、そういった方達にもSPYは長く需要がある上場型投資信託商品となっています。

 

 

 

SPYはどんな人にオススメの米国株ETFなのか?

SPYは多くの人に好まれてきた米国株ETFでしたが、同じようなS&P500種指数連動型上場投資信託が増えてきているなか、SPYの強みというものがみえにくくなってきています。

先ほども書きましたが、SPYは同様の米国株ETFであるIVVやVOOに比べて経費率が2倍以上高いのです。

このことは、長期間にわたって積立投資するような人には特に不利になります。

ただ、たとえば100万でされば500円くらいの違いですが、1000万であれば5000円、1億であれば5万円くらいSPYとVOO,IVVでは違ってきます。

まぁ、その程度の差異なんて運用成績自体からみたら微々たる違いなのですけど、同じような商品を買っていながらSPYだけ損をしているというのは気分のいい話ではありません。

というわけでSPYはこの点でIVV、VOOなどにくらべて魅力は落ちます。

 

個人的にあえてSPYを買う人を想定するならば、むかしからSPYをドルコスト平均法などでコツコツ買っている人などでしょうか。

こういう人にとっては、パフォーマンスの計算などで継続性のあるSPYを買い続けるメリットはあります・・・が、かなりマイナーかなぁ・・・

 

 

S&P500指数連動型投信IVV、VOO、SPY

 

なお、ステートストリート(State Street Global Advisor)が運用するSPYと同じようなS&P500連動型の米国株ETFとしては、ブラックロック(Blackrock)が運用するIVVや、ヴァンガード(Vanguard)が運用するVOOなどがあります。

S&P500種連動型上場投資信託で一番古いのはSPY、次がIVV、その次がVOOとなります。

SPYは一番古くから上場しているため運用資産残高が多く、急激な変動時にも値が飛びにくく売買しやすいことが強みになりますが、そのぶんSPYは経費率がやや高くなっています。

(実際にはIVVもVOOも今では十分な流動性があります。また、マーケットメイクが行われるため指数が大きく変動しても値付けは各銘柄、問題なく行われると思われます。)

ちなみにIVVは二番手で、2000年に始まったS&P500連動型ETFとなります。

VOOは三番手で、2010年に始まったS&P500連動型ETFとなります。

このVOOが手数料勝負をかけてくれたおかげで、米国株ETF全体の経費率が低下しました。ありがたいことですね。

 

 

 

SPYの価格推移

最後に、SPYの価格推移についてみておきましょう。

SPYは設定来、以下のような株価推移をしています。

 

 

すばらしいパフォーマンスですね。

SPYは当然のことですが、S&P500種株価指数に連動するように動いています。

ベンチマークとするS&P500種株価指数から大きく離れても、しっかりマーケットメイクされて同じように動くことが目論見書に書かれていますから安心です。

かの有名な投資家ウォーレン・バフェットは、自分の妻にはS&P指数連動型投信を勧めているそうです。

アメリカは企業統治がしっかりしており、株主重視の経営が行われます。

会計制度もしっかりしていて、たまに粉飾などありますが、全体としてはチェック機能がしっかり効いています。

政府自体も資本主義の擁護者ですから、ベネズエラのような国有化リスクなどもありません。

つまり、資本主義が残る限りにおいて、S&P500種株価指数は長期で上昇することが予想され、その上場インデックスファンドであるSPYも持っているだけで稼げる、リッチになれる・・・と思っている人が多いわけです。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

そんな理由が、アメリカに資金がドバドバ入り続ける理由だと思います。

 

ただ、この考え方に対しては自分はちょっと斜めにみています。

このことについてはまた別の機会に書くことにします。

とりあえず、今回は以上です。