【統計】中国2018年10月不動産投資統計

Pocket

【統計】中国2018年10月不動産投資統計

 

中国の2018年10月不動産投資統計

ここもと、徐々に徐々に減速感が出ている。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

しかし、固定資産投資や小売売上、鉱工業生産指数などと比較すればまだまだ堅調な水準。

ただし・・・先行きは暗いんじゃないか。

 

 

 

こちらはデベロッパーによる土地購入を示している。

年始にデレバレッジの影響で押し下げられていた土地購入だが、その後の金融緩和スタンスへの影響から、ずいぶんと回復してきたことがわかる。

 

 

 

販売面積でみると、住宅販売は2.8%増、オフィスビルは10.5%減、商業ビルは12.5%減、トータルで2.2%増。

金額でみると12.5%増

 

 

 

デベロッパーの資金調達は7.7%増

資金繰りは悪くない。

 

 

 

 

トータルの景況感は若干低下。

にしても、かなり高い水準。

 

 

 

とりあえず、表も載せておきます。

 

 

ちなみに、中国は家計債務比率がどんどん高まっています。

住宅ローンの支払いのために消費が圧迫されています。

これらからすると、いまの不動産業の立ち位置は、かなり維持不可能じゃないかと思います。

なお、8月の不動産投資統計は→中国2018年8月不動産投資統計

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

 

以上。