【5237】ノザワ~火災発生と主力製品アスロック不具合でノザワ倒産の可能性はあるか?

Pocket

【5237】ノザワ~火災発生と主力製品アスロック不具合でノザワ倒産の可能性はあるか?

 

押出成形セメント板アスロックの製品不具合で特損発生⇒改修した工場で火災発生の悲劇・・・ノザワ倒産の可能性は?

兵庫県の老舗企業、ノザワが踏んだり蹴ったりな状態になっています。

同社は、ビル外壁材に使われる押出成形セメント板の大手で、アスロックのブランドで製品を展開しています。

このアスロックですが昨年、同社が納入した製品の一部に曲げ強度不足のものが混入していたことが判明。

一部の顧客に対して補償が必要になったことから、2019年3月期に製品補償費用として約35億円を計上することを迫られました。

なお、現在顧客の何割と補償問題について合意がとれているのかは不明。

月を追うごとに製品補償費用が膨らんでいます。

(2月時点:21億円⇒5月時点35億円)

 

 

 

ノザワの埼玉工場で火災発生・・・ノザワ倒産の可能性は?

そしてさらに悪いことに、この品質問題を引き起こしたノザワ埼玉工場で5月10日に火災が発生しました。

火災発生は10日午後8時50分

鎮火は午前3時45分

かなり大規模に燃えたことが予想されます。

 

これにより、押出成形セメント板アスロックの1号機オートクレープと、冷却工程の製造設備が損傷したことを確認されているそうです。

せっかく昨年、設備を新たにしたばかりなのに、それを燃やしてしまったことに・・・

同社は果たして倒産せずに耐えられるでしょうか。

 

 

埼玉工場火災でアスロック供給に支障?~ノザワ倒産の可能性は?

ノザワにとって、埼玉工場は非常に重要な拠点になります。

ノザワには3つ工場がありますが、このうち押出成形セメント板アスロックを生産する工場は埼玉工場と播州工場のふたつだけです。

しかも、生産設備は埼玉工場の方が2倍超備えており、建物・構築物の規模も埼玉工場の方が大きく、人員規模も大きい。

まさにノザワの主力工場と言っていい工場になっています。

今回の火災が発生する以前から、ノザワは生産調整を進めていました。

表面処理ラインなどがひっ迫していることから、顧客に対してそういった特殊処理のいらないものに変更を頼んだりしていたとのことです。

同社の製品は施工の容易さ、品質の高さから人気は高く、需要は旺盛です。

ですが、モノを供給できない状況が深刻化しています。

今回、火災が発生したことでさらに供給への制約が強まり、業績悪化に繋がることが予想されます。

ノザワとしては、ここが正念場でしょう。

 

 

ノザワ倒産の可能性は低い?現金は潤沢

ノザワの財務は非常に健全です。

有利子負債はほとんどなく、現金は50億円程度ある。

品質補償コストの増加がどの程度に収まるかにもよりますが、とりあえず倒産の可能性は低いのではないかと思われます。(もちろん、断言はできませんが。。。)

 

ただ、業績はかなり落ち込むことが予想され、大きく売られる展開となっています。

いやはや、おととしまでは堅調でしたのに、一瞬先は闇ですね。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

品質管理を疎かにするとこういうことになるという、一つの例だと思います。

以上。