2018年7月6日 米国市況概況

Pocket

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

昨晩のNY市場は大幅高。雇用統計における賃金の伸びがマイルドであったことが(たぶん)好感され、急激な利上げへの懸念が後退。貿易統計は市場の範囲内であり、また米中双方による追加関税導入措置もアク抜け感を誘い、少ない出来高の中をスルスルと広範な銘柄が大幅に上昇する展開となった。

この日の相場を主導したのはヘルスケアセクター。バイオジェンBIIBとエーザイが開発していたアルツハイマー薬BAN2401が有効な試験結果を示したとのことでバイオジェンが大幅高。バイオジェンを売って他の製薬会社に乗り換える動きも発生したようで、セクター全体が大きく上昇する動きとなった。バイオジェンBIIB19.64%高、アムジェンAMGN1.95%高、セルジーンCELG2.55%高、ギリアドサイエンシズGILD3.30%高、リジェネロン・ファーマシューティカルズREGN2.39%高、アレクシオン・ファーマシューティカルズALXN、イルミナILMN2.01%高、インサイトINCY2.22%高、バーテックスファーマシューティカルズVRTX2.34%高など。

情報通信ハイテクなども底堅く、FAANGはフェイスブックFB2.41%高、アルファベットGOOGL1.21%高、マイクロソフトMSFT1.40%高、アップルAAPL1.39%高、アマゾンAMZN0.64%高、エヌビディアNVDA1.90%高、ネットフリックスNFLX2.48%高

 

この日はかなり強い相場つきのいっぽうで、やはり中国との通商摩擦の影響は懸念されているとみえ、重工業系、自動車メーカーなどには若干弱い動きのものがみえた。

また、出来高の細さはやはりかなり気がかりな水準。合算出来高は53億株である。今年はすでにこの時期で夏涸れになってしまっている。売ったら売りっぱなしで長期様子見スタンスに入っている投資家が増えているのだと思う。市場は自社株買いの量に依存し始めている。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!