iPhone XSは充電速度が遅く、バッテリー駆動時間が短い?

Pocket

iPhoneXSとiPhone XS Maxは充電速度が遅く、そしてバッテリー駆動時間も短い・・・tom’s guideなどテック系サイトが伝える

 

 

いろいろとネガティブな評価の続くiPhoneXSとiPhoneXSMaxですが、ここにきてさらに酷いレポートが相次いでいます。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

大手テック系サイトのtom’s guideによりますと、

 

iPhoneXSはiPhoneXに比べてバッテリーの持ちが悪いそうです。

 

iPhone XS and XS Max Battery Life: The Results Are In

 

iPhoneXSおよびiPhoneXSMaxでは、iPhone Xよりも30分~1時間半長い作業ができると公式には謳われています。

そこで、tom’s guideのこちらの記事では、おなじ照度、おなじ作業を繰り返してバッテリーの持続時間を計測。

実際の数字を計測したそうです。

その結果はiPhone XS Maxが10時間38分、iPhone XSが9時間41分の稼働時間だったとのこと。
ちなみにiPhone Xは10時間49分バッテリーが持つとのことで、なんと、iPhoneXSは公式発表と異なりiPhoneXより充電池の持続時間が少ない?ということが明らかにされました。

なお、これはあくまでもテスト結果次第であるかもしれませんので、この試験結果だけで結論は出せませんが、それにしてもちょっとショックですね。

 

更にショックな点として、同じハイエンドスマホであるHuawei P20 Proはバッテリー駆動時間が14時間13分もあるとのこと。

ほかにも、Google Pixel 2 XL は12時間09分、Galaxy Note 9は11時間16分のあいだ、バッテリーが持ったとのことです。

華為技術(Huawei/ファーウェイ)のP20 Proは4000mAhのバッテリー容量に対し、AppleのiPhoneXSは2659mAh、iPhoneXSMaxは3179mAhしかありません。

ちなみにiPhoneXSのバッテリー容量2659mAhは、iPhone Xの2,716 mAh充電池よりも小さいです。

バッテリー容量からするとこの稼働時間の差は当然かもしれませんが、それにしても同一価格帯でバッテリ―性能がここまで違うとちょっとガッカリですね。

新型iPhoneは7nmプロセスで作られているから稼働時間が長くなる、というのは嘘だったのでしょうか。

 

なお、先日も伝えたようにiPhoneXSのバッテリーはL字型になっており、負担のかかる部分が発熱しやすいことが懸念されています。

関連:新型iPhone XS Max分解動画が公開される~クアルコム製半導体が消え、インテル製モデム採用~

発熱すればそれだけバッテリー寿命が縮みますから、新品状態よりもさらにバッテリーの持ちは悪くなるはずです。

いろいろと、ガッカリですね。

 


 

もうひとつ重要な点ですが、

iPhone XS と iPhone XS Max の充電速度はとても遅い

とCNBCが伝えています。

Apple’s iPhone XS and Max are the best phones you can buy, but skip them if you already have an iPhone X

 

また同様の内容をPhoneArenaなども伝えており、計測試験によるとiPhone XSのフル充電までにかかる時間は3時間5分、iPhone XS Maxのフル充電には3時間29分かかるとのことです。

なお、Galaxy S9は1時間47分、Galaxy Note9は1時間49分とのこと。

このandroid携帯との違いは、急速充電器の有無。

iPhone XSやiPhone XS Maxにおける充電速度の不満を解消するためには、別途68ドルの出費をして急速充電器を買うほかなく、こうしたAppleの姿勢に対して「もはや犯罪的である」とすら非難しています。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、こんなかんじで最悪のレビューがされているiPhoneXSとiPhoneXSMax、この調子だと売れ行きがかなり悪そうに思います。

電子部品セクターなどが嫌気されているのも頷けますね。