2018年12月6日 米国株式市況概況

Pocket

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

S&P500

米10年債利回り

WTI原油

前営業日は→ 2018年12月4日 米国株式市況概況

 


 

昨晩のNY市場はダウ、S&P500、ラッセル2000がやや下げ、ナスダックが上昇した。

この日の最大の材料はファーウェイCFO逮捕の報。

序盤から下げまくる展開になって下抜けるか?というところまで到達するも、そこから下げ渋って引けにかけて急速に値を戻す流れ。

序盤から中盤にかけて下げている最中も半導体株などがややしっかりした動きとなっており、地合いほどには悪くない状況。

引けてみたらナスダックはプラス引けだった。

 

 

銘柄で際立っているのは不動産REITの上昇

債券利回りが低下しており、相対的に利回りが確保されるREITに資金が流れ込んでいる。

 

ここもと下げていたゲーム株、FAANGなどもしっかり。

ただしアップルAAPLは下げた。

 

個別には、業績好調が伝わったヒューレットパッカードエンタープライズHPEが上昇。

OPEC総会を跨いで原油価格はダレておりエネルギー関連は弱かった。

米中貿易戦争の激化を嫌気したボーイングBA、自動車株などもさえない。

 

 

この日の合算出来高は105億株。

かなり膨らんでおり、目先の下値をこつんと叩いた可能性はある。

とりあえず、私見を述べさせてもらうなら、

下値を抜いたらついていっても良いが、抜く前に弱気になって売るのは危険だと感じる。

基本、戻りを売る相場ではあるが、下を叩く相場だとは思えない。

以上。

 

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!