2019年1月23日 米国株式市況概況

Pocket

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

 

前日⇒2019年1月22日 米国株式市況概況


 

昨晩のNY市場はダウ、S&P500が上昇、ナスダックは横ばい、ラッセル2000は下落した。

米国は決算シーズンに入っており、個別銘柄の物色が中心になりつつある。

この日はプロクター&ギャンブルPG、IBM、ユナイテッドテクノロジーズUTXなどが好調な決算を手がかりに買われ、好決算がすなおに買われる展開となった。

これら大企業が主導するかたちでダウ主導で株価は上昇。

一方で小型株指数は軟調な動きとなっており、公益株が買われるなど、全体的には強気には転じていない。

CEAのケビン・ハセット委員長は米政府閉鎖が1Q末まで続いた場合、成長率がゼロパーセントに落ち込むと警告したことも嫌気された。

 

 

なお、個別には、

P&Gは値上げで業績好調

ユナイテッドテクノロジーズは事業の集中と選択を進める流れがポジティブ

IBMはクラウドなどが好調に推移

コムキャストは決算内容と増配が好感された。

なお、フォードFは引け後にかなりネガティブな決算を出しており、動向が注目される。

 

合算売買高は68.3億株

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

かなりすくない。