スルガ銀行中央林間支店の行員がデート商法に関与か~不正融資が行内に蔓延していた可能性~

Pocket

スルガ銀行中央林間支店の行員がデート商法の不正融資に関与か

 

スルガ銀行中央林間支店の行員がデート商法に関する不正融資に加担か

スルガ銀行中央林間支店の行員が、デート商法詐欺に関与していた可能性が浮上しているとのことです。

スルガ銀行はこの件を受け弁護士を含めた調査を始めたとのこと。

シェアハウス向け不正融資事件で騒がれたスルガ銀行ですが、実際にはシェアハウス以外にも広範囲に不正融資が広がっていた可能性があり、同社への信頼が地に落ちかねない事態となっています。

 

スルガ銀行を舞台にしたデート商法詐欺の手口

今回発覚したスルガ銀行を舞台にしたデート商法詐欺の手口は以下のようなものです。

  1. 求職中の20代女性が婚活アプリで男性と知り合う
  2. 男性Aが採用と投資を女性に持ち掛ける
  3. 女性はスルガ銀行行員に無担保ローンを要請
  4. スルガ銀行行員が女性の借入金使途や年収を改ざんした書類を改竄して融資
  5. 女性は融資と同時に男性Aに振り込み
  6. その後、男性Aは音信不通に

 

というものだそう。

スルガ銀行行員の関与を疑う点としては5の

融資と同時に男性Aに振り込み

という点でしょうか。

また、手口が慣れていることからみて、男性Aとスルガ銀行行員とのつながりがあったのかもしれません。

とりあえず、スルガ銀行が自社弁護士を使って調査を開始しているということで、なんらかの根拠をつかんでいるもようと思われます。

もし仮にこういったデート商法への関与の事実があったのなら、非常に由々しき問題だと思われます。

 

 

 

スルガ銀行デート商法詐欺事件における書類改竄

なお、このスルガ銀行デート商法詐欺事件ですが、スルガ銀行中央林間支店従業員による書類改竄の内容としては

  1. 借入金使途が介護費用と記されていたが、身に覚えがなかった
  2. 提出した源泉徴収票の数字の約4倍の収入(420万円)に年収が膨らんでいた
  3. 行員の指示によって振込依頼書を作成
  4. 200万円から手数料を引いた後の全額が、融資と同時に行員によって送金される

といったもの・・・

いやー、手慣れてますね。

これが本当だとするなら、グルじゃないの?って思うのがフツーだと思います。

 

 

スルガ銀行のデート商法詐欺関与は以前から言われてきた

なお、スルガ銀行のデート商法詐欺への関与は以前から疑われてきました。

リンクは直接貼りませんが、Googleなどで「スルガ銀行 デート商法」などと検索してみれば、すぐにわかります。

どれも手口がわかりやすい。

いろいろと、スルガ銀行はまだまだ爆弾を抱えているかもしませんね。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

以上。