18/6/12午後

Pocket

備忘録がわりにニュース記事をまとめます。

独断で掻い摘んで纏めます。

この記事は日中随時更新します。


14時43分

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

米朝首脳会談が終わったようです。なんらかの合意があり、署名をするとのことです。

個人的見解:まだ何が合意されたのかまではわかりませんが、とりあえず、両者の様子を動画で見た感じでは、トランプ大統領が寄り切ったようにみえます。金正恩は時折、トランプ大統領の反対方向に視線を落としたりしています。会談前と異なり、真横を向いて話そうとしていません。口は常に半開きで、なるべく表情を悟られないようにしています。かなりビビってるのはわかります。かなりの進展があったのでは?

 

Indonesia’s motorcycle sales in May rise 10.9 pct y/y

インドネシアの5月二輪販売は前年比10.9%増、4月から1.9%増

 

 

Vietnam’s top conglomerate Vingroup to foray into smartphones

ベトナム最大の不動産会社ビングループが、ビンスマートを設立してスマートフォン製造に新規参入

 

米国務次官補が台北事務所の新庁舎完工式に出席へ

個人的見解:事実上の米国大使館が台北にできました。これは今年二月の台湾旅行法成立も含めて、中国に対する米国側の敵視政策の表れ・・・と思います。

 

Italy industry output slumps in April, in latest sign…

イタリアの4月鉱工業生産指数は前月比1.2%低下。3月は1.2%上昇。前年比では1.9%上昇だが減速の兆し。消費財、中間財、エネルギーの生産が前月比低下。

 


17時23分

China’s Tianjin to Use Gasoline with Ethanol in Most Vehicles

中国天津市がバイオエタノールを導入。中国政府は2020年までにエタノール10%含有のガソリンを全国に広める方針。トウモロコシの消費を拡大へ。

 

Vale signs $690m in cobalt deals with Wheaton, Cobalt 27

ブラジルの資源大手ヴァーレVALEがカナダのボワジー湾に保有するニッケル鉱山の拡張資金として、副産物であるコバルトを産出前に売る契約、ストリーミング契約をウィートン・プレシャス・メタルズ(Wheaton Precious Metals Corp)とコバルト27キャピタル(Cobalt 27 Capital Corp)と締結。コバルトのストリーミング契約としてはこれまでで最大のもの。

個人的見解:三元系リチウムイオンバッテリーの正極材としての利用が拡大するコバルトですが、需給が引き締まっていることから市場価格は過去二年で4倍に達し、トン当たり10万ドルに近づいているとのことです。

現在、国際市場に出回るコバルトの多くがコンゴ民主共和国(DRC)からのものなのですが、コンゴ民主共和国では長引く紛争のために子供の人権を無視した環境で採掘が行われているといわれており、世界的な問題になっています。また、最近ではエボラ出血熱の拡大が懸念されていたりもします。

こうした中でコンゴ民主共和国の代わりに供給可能なコバルト・ニッケル鉱山開発が急がれています。今回のニュースには、そういった背景があります。

 

Chalco targets Guinea bauxite production by end-2019 | Metals …

中国のアルミ大手、チャルコ(中国アルミ)とギニア政府がギニア西部ボッファのボーキサイト事業の契約を調印。

 


20時58分

欧州で77万台に違法ソフト=ダイムラー、排ガス不正

相変わらず排ガス不正を続けているそうです。そろそろ巨額制裁が科せられそうな空気になってます。

北朝鮮、非核化を約束 米、体制を保証

シンガポールで行われた初の米朝首脳会談が終わりました。北朝鮮は核を放棄し、米国は北朝鮮の体制保証を確約しました。

個人的見解:今までも北朝鮮は核放棄を約束しながら破ってきました。彼らが全く信用できないことは、日本人なら誰しも知っていることです。また、米国も大統領がかわるたびに前政権で確約した外交文書を破棄する国です。先日も対イラン核合意を破ったばかりです。信用なりません。

信用ならない二か国が署名した外交文書・・・誰が信用できるというのでしょう?

 

【速報中】トランプ氏、非核化費用「韓国と日本が払う」

非核化費用は日本と韓国が払うそうです。いくらになるんでしょうね。あまり過大な負担をすると、日本の政権が持たない可能性がありますが。。。

 

China’s Tsingshan considers USD 1 bn steelmaking plant in Zimbabwe
ステンレスの巨人、青山控股集団(Tsingshan)がジンバブエに10億ドル規模の製鋼プラント建設を検討

昨年11月にロバート・ムガベ大統領が辞任しエマーソン・ムナンガグワ氏が暫定大統領に就任したジンバブエですが、7月の大統領および議会選挙を前にして、中国との関係が緊密化してきています。ステンレスシェア青山控股はステンレスのプラント建設を検討しているそうです。ジンバブエはかつて高インフレに悩む前はリオティントやアングロアメリカンが金、ニッケル、クロムなどを採掘していました。とくにグレートダイクを中心にクロム鉄鉱、ニッケルの生産が豊富で、その点でステンレス生産に必要な資源が豊富な地であります。青山控股はプライベートカンパニーですが、世界一のステンレスメーカーとして知られています。これまでもインドネシアなどステンレスに必要な資源のとれる地域への投資を増やしてきました。今後の動向には要注目です。

中国AIベンチャーがジンバブエ政府と提携、黒人の顔データ収集へ

おなじくジンバブエです。中国企業がジンバブエに近づいています。政府の陰が見え隠れしています。


 

US net neutrality rules expire, court battle looms

すべてのインターネット接続を平等に扱うよう通信会社を縛ってきた連邦通信委員会(FCC)による「ネットの中立性」規制ですが、これが11日に撤廃されました。

個人的見解:今後は帯域を多く占有するようなサービス提供者への料金を引き上げる一方で、それ以外のサービス提供者の料金を引き下げたりなど、通信会社の自由度が増えます。これによって影響を受けるのは、たとえばYoutubeなどの動画サービスでしょうか。とりあえず、今後は個別ごとに裁判で争われることになりそうです。

 

Fall in UK wage growth reduces pressure for interest rate rise

2-4月の英国賃金 前年比2.5%増、除くボーナス2.8%、失業率4.2%、

個人的見解:賃金の伸びが緩慢。利上げに影響か。

 

米韓軍事演習、トランプ氏が中止の意向 韓国は意図確認へ

米韓軍事演習をやめるそうです。金正恩との約束なのでしょう。

 

 

UPDATE 1-中国の新規人民元建て融資、5月は1.15兆元に減少 予想下回る

5月中国マネーサプライM2伸び率 前年比+8.3%

新規人民元建て融資1.15兆元

人民元建て融資残高 前年比+12.6%

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

中国社会融資総量残高 前年比+10.3%

社会融資総量残高 182.14兆元