中国鉱工業生産指数 2018年7月

Pocket

中国鉱工業生産指数 2018年7月

今回も中国国家統計局のサイトからデータを転載しています。

なお、前回はこちらです。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

中国の鉱工業生産指数は前月6月から横ばいとなりました。

3月の最低値で横ばい推移。

 

個人的にはこれ、実は割っている可能性があると思います。

粉飾かもって思ってます。

6.0成長は命題なのかなと。

 

 

とりあえず、個別にみていきます。

前月と比較すると、

鉱業 2.7→1.3

製造業 6.0→6.2

電気・熱・ガス・水 9.2→9.0

 

国内の環境規制強化で鉱業が一貫して減速傾向。

製造業は持ち直しをみせているが、個人的にはこれは捏造くさいと思っている。

 

 

 

個別産業について前月と成長率を比較すると

非金属鉱物製品 3.7→5.2

鉄金属精錬、圧延 7.8→6.6

非鉄金属精錬、圧延  4.0→5.6

金属製品 1.4→2.5

一般機器 6.8→6.9

特殊機器 11.5→11.2

自動車製造 14.0→6.3

鉄道、船舶 0.7→ -1.9

電気機械 3.8→5.7

コンピュータ・通信機器 10.9→13.5

電気・熱生産供給 9.3→8.8

 

※コンピュータ・通信機器の増加と、自動車製造の急減が目立つ。

 

 

 

個別製品でみると、

産業用ロボット 7.2→6.3

風力発電 11.4→24.7

火力発電 6.3→4.3

移動通信端末 -6.7→-8.2

車 5.3→-0.5

乗用車 12.0→4.3

SUV 1.5→-6.7

新エネルギー車 36.6→17.9

 

※通信端末の下落が大きい。

風力の回復で火力稼働率低下

産業用ロボットが減速してきている。

自動車はちとやばめ。

 

 

 

 

とりあえずそんな感じで、後の解釈は各人これを読んだ方たちにおまかせします。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

また、数字に間違っている箇所があっても、責任は負いかねます。

元のデータをしっかり把握してくださいますようおねがいいたします。