【アノマリー】TOPIXが12月安値だと翌年は株安になるらしい

Pocket

【アノマリー】TOPIXが12月安値だと翌年は株安になるらしい

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

『TOPIXの12月安値 → 翌年下落』のアノマリー

みずほ証券のリポートによると、TOPIXが12月に年初来安値をつけると翌年は年間で下落するアノマリーがあるらしいです。

 

注目リポートから TOPIXが12月安値 翌年は株安? 2018/12/20付日本経済新聞 朝刊

1990年から2017年まで28年間のTOPIXの値動きを検証したものとのこと。

 

 

なぜTOPIXの12月安値更新は翌年下落となるアノマリーが発生するのか?

このリポートをまとめた小林亮ストラテジストによると、

・12月は株価が上がりやすい月とされ、直近30年の騰落率でみると6割がプラス

・強い月なのに安値をつけるのは投資家心理が悪化し始めた兆候

とのこと。

 

 

 

12月のアノマリーへのツッコミは野暮

なぜ1990年から2017年までしか標本をとっていないのかツッコミを入れてはだめです。

基本的にベアトレンドが継続してきたバブル崩壊後の28年間ですから、そりゃ翌年下落する回数多いだろ?というツッコミも入れちゃダメです。

直近30年の騰落率の標本と、直近28年の12月安値になった標本を比較しているのは何故か?などとツッコミを入れてはだめです。

そもそも12月が上がりやすいっていったって、6割しか上がらないんじゃアノマリーでもなんでもないんじゃないか?というのもダメです。

野暮です。無粋です。

それでも、ひとつ言えることがあるとするなら

アメリカS&P500指数の12月安値はアノマリーとして使えるかも

ということです。

これについては別途書きます。

とりあえず、ずっと下落してきた日本株で12月アノマリーを語るのはちょっと違うと思います。

12月アノマリーを語るならば、右肩上がりの相場でみるべきと思います。

S&P500指数のアノマリーについて纏めようと思うんでお待ちください。

以上です。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!