日銀のETF購入、損益分岐点は18500円近辺?~割り込めばETF買い入れ政策への批判噴出か?

Pocket

日銀のETF購入、損益分岐点は18500円近辺?

 

 

日本銀行は毎年6兆円規模で上場投資信託(ETF)を購入しています。

さてここで、日銀のサイトで日本銀行の上期財務諸表をみてみましょう。

金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)は30年9月末に217,590億円の簿価、 289,636億円の時価、 72,045億円の評価益となっていることがわかります。

また、日経新聞によれば、9月末時点の日銀保有ETFの比率は全体の4.3%とのことです。

これらの要素から

日銀ETFの損益分岐点は、おおよそ日経平均17700~18200円近辺(9月末日時点)ではないか

 

と思われます。(TOPIXが影響してくるので計算しにくいです)

 

そして、この10月以降にも日銀はガシガシ買い進めてますから、

日銀ETFの損益分岐点は日経平均18500ちょっとくらいになっているのではないか

 

と思ってみています。

計算が間違っているかもしれませんが、まぁ、だいたいで。

ちなみに昨年の1月にロイターが書いたこちらの記事では

焦点:日銀ETF購入の「出口」、市場が描く5つのシナリオ

日経平均1万6678円が2017年12月時点での日銀ETFの損益分岐点

 

だったということです。

 

まぁ、当たらずも遠からずといった感じで。

とりあえず、自分が言いたいのは日銀の損益分岐点がいつか、ではなくて、もうすぐ到達しそうだという話です。

 

もし株価が日銀ETFの損益分岐点を下回ってくると、マスメディアがまたワイワイと騒ぐんじゃないかなぁ

 

と思うわけです。

日銀の資産が劣化したとか、国庫に納めるカネが減ったとかそういう話じゃなくて

国民が損をしているとか、わかりやすく騒ぐような、そういう世論の誘導が行われるんじゃないかな?という気がしているわけです。

そうしたときに、日銀ETF購入の継続性に疑問符がつくかもしれないない、と思います。

とりあえず次の株価上昇時にはもうやめよう、という議論が始まる可能性はあります。

もちろん、それは株式市場にはネガティブです。

そこらへんは考えておいた方が良いと思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

以上。