ぶっちゃけ、アップルの業績悪化&株価急落は完全に予見可能だったハズ

Pocket

Appleの業績が悪化しつつあることは数年前から見えていた。株価が急落しているのは現実への揺り戻しに過ぎない・・・

 

えらそーなこと言って申し訳ないんですが、自分はアップルの現在の状況 (業績悪化に伴う株価急落) は十分に予見可能だったと思っています。

それも、何年も前からです。

少なくとも、自分はいつかこの日が来ると思ってみていました。

それが今ようやくやってきた、そんな感じです。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

 

とりあえず、自分がAppleについてtweetした内容を貼ってみます。

自分は去年の2月からtwitterを始めましたが、その直後には、すでにAppleに対して以下のように呟いています。

そう、アップルはMacがPC/AT互換機に負けた過去から学んでいないんです。

現在、PC/AT互換機に相当するのがGoogleのandroidです。

オープンなプラットフォームであらゆるメーカーやアプリ製作者が開発を競い合っています。

そうしたなかから、優れた製品が低コストで提供される・・・それはPC/AT互換機にMacやPC98、FM-Townsが負けた歴史にそっくりです。

つづいて、自分は以下のようにも書いています。2月14日です。

同じようなことを呟いています。

twitterって、自分がいつ何を呟いたか検索しやすいからいいですね。

自分が間違ったことを言ってたら、それもわかるし、正しいことを言っててもわかる。

気持ちいいですね。

 

 

5月2日には、自分は以下のように呟いています。

バリュー投資好きの奴はApple買うんじゃない?高成長は期待できないし、負け組転落もありうるけど・・・

 

まさに今の状況だと思います。

高成長はしてません・・・ていうか、衰退期入らないように必死な状態。

この調子でビジネス展開していけば、負け組転落はほぼ間違いないでしょう。

 

 

そして、自分はAppleの株価のほぼピークで、以下のようにtweetしています。9月21日です。

 

 

その後の自分のtweetは以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

11月20日、アップル株は130ドルになってもおかしくない、と自分はtweetしました。

当時はまだ株価175~182くらいのところです。

 

 

 

自分は当たったのをいいことに、いい気になってAppleのCEO、ティム・クックをDisりまくってます。悪い癖です・・・

 

 

 

AppleのiPhoneXRは実は売れているのでは?という質問に対してバッサリ「売れてないです」と断言させていただきました。

実際売れてないです。それはサプライヤーの動向からみてわかります。

そしてこの書き込みの4日後、例のアップルショックがやってきます。

 

 

 

 

 

ようするにですね、もう見えてたんですよ。

自分ですら見えてましたから、多くのプロの方はみんな見えていたと思います。

ただ、上がるから買い、買うから上がる、みんなでババ抜き遊びを楽しんでいただけの相場です。

バフェットは最後までガチホするつもりのようですが・・・まぁ、ずいぶん衰えましたね。

ゲームのプレーヤーとしては、そろそろ引退でしょう。

とりあえず、若い人にはかないません。

自分もそろそろお暇しようとおもいつつ、なんだかんだで生き残ってきました。

いつか負けて自分の能力が信じられなくなったら、その時は引退しますが・・・それまではのんびり、えらそーに語りながらのブログを続けようと思います。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

とりあえず、その日までよろしくお付き合いください。

今後ともご愛顧のおねがいいたします。

 

以上です。