18/1/5午前

Pocket

備忘録がわりにニュース記事をまとめます。

独断で掻い摘んで纏めます。

この記事は日中随時更新します。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

前回はこちら:18/1/4午後


 

雇用統計:12月雇用者数31.2万人増、予想上回る-平均時給3.2%増

多すぎる。

果たしてこの状況でFRBは利上げを停止できるだろうか。

怖いんじゃないか。

もちろん、遅行指数だから先んじて動くべしという意見もあるだろうが、そんな度胸がパウエルにあるんだろうかという疑問が浮かぶ。

 

 

ブリストルマイヤーズ、セルジーン買収で合意-約8兆円規模

ガン治療薬分野に特化していく方針が明確に。

お互いの強みを生かせるいいM&Aだという声が多い。

自分はこの分野はよくわかりません。

 

 

 

ミャンマー、保険分野で外資容認 審査開始を発表

香港のAIAが単独100%出資の子会社設立を目指しているとのこと。

 

 

欧州「移民受け入れ」で国が壊れた4ステップ

ニュースではなくコラム記事なのですが、なかなか良い視点なのでご紹介。

移民の受け入れはその国、その民族が積み上げてきた価値観自体を大変革するもの。

なぜそれをわざわざエスタブリッシュメントたちがやりたがるのか?

そこに、植民地経営などに関する贖罪意識などがあるのでは、との指摘。

 


 

クアルコムが保証金を支払い

旧型iPhoneに関するクアルコムの販売差し止め請求をドイツの裁判所が認めた件につき、クアルコムが保証金を支払い。

これでしばらくAppleはiPhoneXやiPhone8などを売れなくなる。

 

 

 

 

 

台湾のUMC、中国との提携を縮小へ

Exclusive: Taiwan’s UMC to scale down chip project with Chinese …

アメリカによる制裁を懸念して中国との関係を縮小。

中国製造2025には逆風が吹く

中国が『中国製造2025』を棚上げへ~米中貿易戦争解決のため市場開放へ転換か~

 

 

パウエルFRB議長「今年は柔軟な政策決定が可能」

パウエル議長、ついこないだ今年は二回の利上げが妥当とかいいながら、舌の根も乾かぬうちに、今年は柔軟な政策決定が可能とかいいだした。

この人の発言はブレすぎていて市場の信用を失っている。

来週になれば、FOMC議事要旨で何を言っていたかが見える。

 

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

パウエルFRB議長:辞任しない、トランプ大統領に要求されても

というわけで、トランプ大統領に辞任をうながされているパウエル議長

辞める気なし、任期をまっとうするつもりとのこと。